投稿

ビオ日誌 2020年4月まとめ 今年の睡蓮鉢とその周辺。

イメージ
中央の植木鉢にはチドメグサとミゾカクシ。こんにちは (๑′ᴗ‵๑) コロナ絡みの自粛でいろいろ我慢をしている皆様、睡蓮鉢でも眺めて癒されましょう。去年、マンションの改修工事があり、中途半場に終わってしまった植木鉢のレイアウトです。去年はロタラとウォーターバコパを植えてましたが、今年はチドメグサとミゾカクシにしてみました。ミゾカクシは枯れ切ったと思っていたら春になって芽をだしていたので、増えたらいいなと思っています。手前の細くて短い糸みたいな草がミゾカクシの芽です。前回のビオ日誌:2020年03月まとめ 植物の成長が鈍ってきました
charm 楽天市場店 日よけ用の植物はカナリークサヨシにしてみました。鳥の餌を庭に捨ててたら伸びてきたというくらい丈夫な草らしいです。 クサヨシって名前だったので、最初は湿地でも育つと思い込んでいましたがカナリークサヨシは乾燥気味のほうがいいそうです。適当に種を撒いて水をかけてみましたが発芽するんでしょうか。土は再利用です。 今までの日陰作りの草、ヤエオモダカにはクワイが3つ出来ていました。意外と少なかったです。サンショウモとオオサンショウモの越冬後。これだけ生き残って(?)いましたが、すでにサンショウモとオオサンショウモの区別はつきません。一応睡蓮鉢に戻しておきました。 よく見るとアオウキクサだけじゃなくてウキクサも成長していますね。フィランサス フルイタンスを水中葉に。やり方がいまいちわからないので、まず容器から取り出しました。茎や根が赤いですね。 小さくちぎって睡蓮鉢に浮かべ、 残りは根がついたまま水に入れてみました。変化を見たいと思います。 Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順 広告

ビオ日誌 2020年3月まとめ リセット終了…一歩手前。

イメージ
リセット作業がもう1日で終わらない…こんにちは、お久しぶりです (๑′ᴗ‵๑) 体力がどんどん落ちてます。数年前から腰痛も持病っぽくなってしまい、けっこう作業がツライ! 特にプラ舟は水を入れたまま斜めにしたりが難しい(そのかわり安定感はあるんですが)。そんなわけで再び丸い睡蓮鉢を使うことにしました。相変わらずの簡易ビオで単純です。工夫を凝らしたものは皆様の画像で楽しみたいと思っています。
charm 楽天市場店 今年は暖冬で水草類は青いまま越冬しています。枯れた部分を捨てても余裕。 去年は改修工事で何もできませんでしたが、今年はお隣が工事でどうなるのか不安です。😂 去年の植木鉢レイアウトをやり直そうかな〜。フィランサス フルイタンスは溢れるくらいに育ちました。赤くて可愛い水草、寒さに弱いけど来年も育てたい…と思って水上葉化することに。窓辺に置いてたまに水足しするだけでしたが、そこそこ育ちました。 水上葉も赤みを帯びて可愛い感じ。柔らかい雰囲気なのに意外と丈夫です。 Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順 広告

ビオ日誌 2019年12月まとめ フィランサス フルイタンス、水上葉化の成長記録。

イメージ
フィランサス フルイタンス、室内で越冬できそう。こんにちは (๑′ᴗ‵๑) フィランサス フルイタンスが水上葉化できると知って挑戦中です。挑戦というほど大したことでもないのですが、毎日チラッと見て、水をたまにやって腐った葉がカビてたら取り去る程度のお世話です。窓際に置いてます。
charm 楽天市場店 こちらが11月05日の写真。浮草状態のをフィランサス フルイタンスを土の上に置いただけの状態です。もう少し暖かい時期に始めていたら成長も早かったのでしょうが、水上葉化には時間がかかりました。 ヒーターは使わずに済んでいます。葉と葉の間が伸びて茎状態になるのですね。Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順 広告

ビオ日誌 2019年11月まとめ 11月はいきなり寒くなりました!

イメージ
日が傾くのが早くなりましたね…。こんにちは (๑′ᴗ‵๑) 11月はまったく更新してなくて、いきなりのまとめです。大きな変化がないので、ほとんど放置なんですが、月末になって寒い日が増えたせいか、ウキクサが少し黄変していました。前回のビオ日誌:2019年10月まとめ 植物の成長が鈍ってきました

ビオ日誌 2019年10月まとめ 植物の成長が鈍ってきました。

イメージ
10月01日、浮力の高めなプラボードは外れてしまった〜!こんにちは (๑′ᴗ‵๑) 10月上旬は暑かったですね。意外と残暑がキツイです。各地の台風被害も大きかった…。何の工夫もない普通のプラ舟になりました。小さいメダカには越冬できるくらい大きくなってほしいので、毎日餌やりしています。親メダカと泳げるくらいのサイズだと屋外に出していても問題ありませんが、地域や品種によっても違うと思います。前回のビオ日誌:ビオ日誌 2019年09月まとめ 秋のリセットをすることに

簡単に水中葉から水上葉化「キューバパールグラス」ビオトープの水生植物

イメージ
春になったのでキューバパールグラスを水槽から出します。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)前回からの続きです。キューバパールグラスを、水中葉から水上葉化します。真夏の暑さに気をつければ、そんなに失敗しません。うちではグロッソスティグマより簡単に育ってました。前回:簡単に水上葉から水中葉化「キューバパールグラス」 広告
5月、ソイルごと取り出してもいいし、草だけ抜いてもOK。5月5日、こんな感じで置いておくと自然に育ちます。 7月、キューバパールグラスの半水上葉は順調。根付いてきました。7月10日、こちらはニューラージパールグラス。水上葉化の時は他の睡蓮鉢も動きがあったりで、あまり細かく記録していませんでした。 下がキューバパールグラス。ちゃんと根付いて増えつつあります。緑が段々広がっていくのが見ていて楽しいです。しかも水をやるだけの簡単管理。お日様って偉大です。 9月、鉢いっぱいのキューバパールグラスの絨毯〜。09月13日、↓ニューラージパールグラス。小さめなガラス容器で育てています。 09月20日、↓キューバパールグラス。25cmの鉢にいっぱいです。 最初は睡蓮鉢の水中に緑の棚場を作りたくて、その候補として購入してみたのですが、棚場計画はまだ実行に移してません。緑の棚場の上を泳ぐメダカ、というイメージが私の理想です。10月、再びミニ水槽でキューバパールグラスを越冬させます。10月3日、↓ニューラージパールグラス。 10月3日、↓キューバパールグラス。また同じ方法で水中葉化してヒーターで加温して越冬します。 水は汚れが溜まってたら水をたくさん注いで汚れごと溢れさせて流すって感じでした。流した後は、上の画像のように水多めになってます。そのまま放置でソイルが顔を出したら水草がヒタヒタになるくらいに水足しをしてました。キューバパールグラスの水中葉化はこちらAmazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順

簡単に水上葉から水中葉化「キューバパールグラス」ビオトープの水生植物

イメージ
キューバパールグラスを水槽で水中葉化します。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)以前、キューバパールグラスを、水上葉→水中葉→水上葉と繰り返した時の日記をまとめてみました。水槽では少し難度の高い水草ですが、夏の間屋外で育てるには比較的簡単な植物でした。 広告
10月、窓辺の太陽光を利用してプチ温室風で維持。キューバパールグラスは15度以下になると枯れるらしいので、20度あたりを目安に水中葉化しようと思います。10月17日、屋外で育てていたキューバパールグラスの水上葉を完全な水中葉にするため、ソイルを敷いた小型水槽にキューバパールグラスを移しました(植えるというより置いた感じです)。日光が当たれば25度くらいになる窓辺に置いてます。 10月23日、根が少し潜って葉が上に出て来た気がします。最近肌寒いけどまだ元気です。 10月28日、水はヒタヒタで、半分くらいラップで蓋をしています。さらにしっかり育ってきたように思います。根が張って落ち着くのを待っている状態です。 青々してきています。グロッソやヘアーグラスも混じってます。 10月31日、いよいよ寒くなってきたので注水しました。水を入れて数日そのままにしていたら、根が取れてポロポロと浮き上がってきたのでヒーターを入れることに。急な温度変化を避けるために、昼間の気温が20度を超える日にヒーターを稼動。26度固定のヒーターですが、だいたい24度くらいで落ち着いています。 まだしっかり定着してない感じ。キューバパールグラスは水上葉を水槽に入れても比較的そのまま馴染みやすいそうです。11月、26度固定のヒーターでそのまま維持。11月4日、注水して5日目。現在は、CO2ナシ(永遠にやる気なし)、エアレーションなし、濾過なし、窓辺に置いて太陽光で育ててます。少し下草が枯れているようですが、太陽光が当たると気泡がたくさんついて見ていて飽きません。キューバパールグラスは本当に気泡が付きやすいですね。水はちょっと白っぽく濁ってます。 11月19日、枯れることもなく概ね定着しています。さらに水中葉っぽい雰囲気になってきました。一部は根の張りが不完全だったようで、水を入れたら浮力で一部浮き上がってしまいました。窓辺に置いて太陽光を利用していますが、今まで窓辺に置いた水槽はコケにまみれ藍藻が発生して大変でした。ガラス部分は拭けるけど、ソイル部分にコケや藍藻がつくと掃…
おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編