投稿

種から育てるヒツジグサ(実生の睡蓮)受粉と実の成長、種の発芽から初めての越冬まで

イメージ
🍀 日本の温帯睡蓮「ヒツジグサ」を種から育ててみましょう。

2007年、日本の自生種「ヒツジグサ」を購入しました。1年目は花が咲かず、翌年は睡蓮の育て方を参考に手を加えたら花が咲くようになり、我が家のビオトープの唯一のお花みたいな感じで愛でてました。毎年植え替えするたびに順調に成長している根茎を確認して喜んでました。

2010年には、もう少し大きめの容器で根を伸ばしてもらおうと思い、プラの洗面器に植え替えました。が、底穴がないというのがこんな失敗に結びつくとは思ってもいませんでした。2011年3月11日の大震災の後、色んなことで気持ちに余裕がなくて水足しを忘れてました。ヒツジグサの鉢(洗面器)のふちが水面より出てしまい、暖かくなってたのであっという間に(時間の猶予はあったはずですが、その時はそんな感覚でした)土が乾燥して、ヒツジグサも乾燥して……毎年ゆっくり成長していた根茎をすっかり枯らしてしまいました。😭

その年、5月も過ぎてからようやくプラ舟をリセット。底をよく見るとヒツジグサの種がいっぱい落ちてます。植物を育てるのはどちらかというと苦手で、いろんなものを枯らしてしまった過去があるので、あまり自信がありませんでしたが、残された道はこれしかありません。2011年は種から育てることに挑戦してみました。


小さめな睡蓮

[AD] charm 楽天市場店





うちでは花は1度に1つしか咲かないことも多いので、自家受粉のようです。





花が終わってから少し経つとこんな感じになります。





中には丸い実ができています。そのまま放置します。





しばらくすると、種が弾け飛んでます。その瞬間を見ていないので弾けるのかどうかわかりませんが、見た目からそんな印象を受けますね。実際はどうなんだろう?



広告

アマゾン ペット用品ストア






種が飛んだのを知らないと、ある日突然、水面に変なものが浮いててびっくりします。最初見たときは、なんか気持ち悪〜いと思いながら救って捨ててました。😂





半透明な袋みたいなものに包まれています。沈まずに流れて遠くに広がるためなんでしょうね。この状態の時に集めておくと楽です。種は春まで水に浸けておきます。この時に気づかないと、袋みたいなのがなくなって底に沈んでしまいます。





2011年

左上:底に沈んでいる時に見つけた種です。
右上:拾った種を容器に入れてたら勝手…

ヒツジグサ(未草 / 睡蓮) ビオトープの水生植物

イメージ
🍀 睡蓮の花言葉は「清純な心」 ヒツジグサの花言葉は?

今から10年ほど前、当時はまだ「ネイチャービオトープ」的コンセプトを目指していて、少しでも自然に近いものにしたいという思いがあり、日本産の水草などに気持ちが傾いていました。そこで、ヒツジグサが唯一の日本在来の睡蓮ということを知って飛びつきました。ビオトープを始めた翌年2007年のことです。最初の年は花が咲かず、翌年初めて花を咲かせました。マグァンプを入れたのがよかったのでしょうか。日当りも工夫した点も前年より良かったと思います。日本産なので寒さにも強いです。

さて、ヒツジグサの花言葉ですが、個別にはないみたいです。私が思い浮かべるのは「清楚」かな。スッキリとした少ない花弁が清楚な佇まいです。


学 名:Nymphaea tetragona Georgi
英語名:Pygmy waterlily
中文名:
日本名:ヒツジグサ(未草)


小さめな睡蓮

[AD] charm 楽天市場店





つぼみが開き始めました。つぼみのまま枯れることもあるので、開くと一安心です。





花びらが開いてきました。花が咲くのが嬉しくて、何分かおきくらいに覗いては写真を撮りました。





上から見たところ。花が一番美しいのは初日です。数日は花が開きますが、夜には閉じます。一度咲いた花が閉じると、花粉が花びらに付いたりするので、写真を取るなら初日がお勧めです。





別の日の花です。完全に開いたところ。





受粉するとこんな感じになります。花粉が花びらにも付きまくってますね。この頃はコンデジだったので元々画質がイマイチで、縮小した画像しか手元に残ってなかったので、あまり鮮明でなくて残念です。



広告

アマゾン ペット用品ストア






またまた別な日のヒツジグサ。





初めて見るヒツジグサの花は、本当に小さくて可憐で、それまで持ってた睡蓮の華麗なイメージとはまったく違っていました。





サイズが小ぶりで小さめな睡蓮鉢に向いてます。教えていただいたのですが、熱帯睡蓮なら「ドーベン」という品種が小さいそうです。



広告