投稿

2018の投稿を表示しています

ビオ日誌 2018年09月まとめ ようやくヒツジグサが咲きました。

イメージ
やっぱりうちのベランダは睡蓮には日照不足。 こんにちは (๑′ᴗ‵๑) 皆様のとこの睡蓮は春から咲いてるのに、うちでは待って待ってやっと夏以降に咲きます。多分日当たりが悪いせいですね。 去年は肥料焼けしたみたいだったので(入れ方が悪かったのか)、今年は以前の肥料に戻してみました。そのせいかどうか、根茎が傷んでいたにも関わらず、なんとか花が咲きました。 前回:2018年08月まとめ 暑い夏を乗り越えたメダカたち

ビオトープFAQ:ビオトープの藻対策・コケ対策「アオミドロ」あまり気にしない!

イメージ
君のそばにいつもいるよ系の……アオミドロ(藻)。 こんにちは (๑′ᴗ‵๑) 最近は、アオミドロ等をコケと言わず藻と呼ぶのが主流のようですね。たしかにコケブームの昨今、コケじゃないだろ!って思いますよね。 メダカが動きにくそうにしてると思ったら、アオミドロがものすごく増えていました。南のベランダに置いてた睡蓮鉢の中で育ってました。放置しておくと、意外と強力な繊維質の部分もできてきて、すごいことになります。ふわふわ〜くらいなら、まだ対策のしようもありますが、こんなになってたらすぐに手で取っちゃってください! 学 名:Spirogyra sp. 英語名:Green Algae 中文名:水綿 日本名:アオミドロ(水綿、青味泥) 広告 ビオトープならアオミドロが発生しても気にしない! アオミドロがあるのが当たり前なんです 。まずは意識改革。メダカにとっては引っかかって窒息死する以外は特に害はありません。ただ、植物に絡むと成長を阻害しそうだし見栄えも悪くなります。アオミドロが増えすぎて問題が起きた時だけ対応しましょう。 まずは 見つけたらテデトール(手で取る)で排除 がお勧めです。割り箸を水中でぐるぐるしたら、最初の写真のような繊維状のものがゴソッと取れるなら、それは増えすぎなので、できるだけ絡め取ってください。できれば30cmくらいのピンセットがあると取りやすいです。 以前は水作の30cmのピンセットを使用していましたが失くしてしまい、今はスドーの27cmのピンセットを使っています。 [AD] スドー ピンセット270 (Amazon) ピンセットで取れないふわふわのアオミドロ。 ピンセットで取れないタイプのアオミドロが発生しました。今まではピンセットでつまめるタイプしか経験がなかったのですが、この緑の巻き髪みたいなアオミドロ(?)は、ピンセットでつまむと形が崩れてしまって取り出せませんでした。 割り箸にも引っかからないような、もんわりしてるものは網や小さめなプリンカップですくうか、お掃除用のスポイトで吸い出してください。 クリーナースポイトは、 ジェックスのクリーナースポイト を使用していましたが、押すところの内側が汚れてしまい、今は カミハタのロングタイプ に買い換えました。

ビオトープFAQ:睡蓮鉢や水槽の地震対策・水害対策は何ができますか?

イメージ
基本は、割れないようにする、水がこぼれないようにする。 3.11 東日本大震災の時に、東京で震度5強を経験しました。マンション中層階なので電子レンジが落ちるくらいの揺れでした。この時、ベランダのビオトープの容器にはプラ舟を使っていて水と浮草がこぼれただけで特に大きな被害はありませんでした。 メダカやミナミヌマエビも寒さゆえか地震を察知したのか底の方にいたみたいで、水はかなり激しく揺れてましたが幸いなことに飛び出しもありませんでした。金魚も同様です。 当時、冬場に計画停電があり、熱帯魚水槽が維持できず心折れてアクアリウムをやめる方もいました。私の地域は計画停電の対象にはなりませんでしたが、その後は縮小して、熱帯魚の加温水槽は完全にやめています。

ビオ日誌 2018年08月まとめ 暑い夏を乗り越えたメダカたち。

イメージ
メダカよりも私が夏さで死にそうでした。 こんにちは (๑′ᴗ‵๑) 7月から続く猛暑日続きの日々に逃げ出してしまいたいです。これでも東京はまだマシなんですよね。西日本は天気予報を見るたびに泣きそうな気温でした。ただ、7月よりは 暑さに慣れたのか、30度なのに体感温度は涼しく感じてしまったりして、悲しい…💦 私は何よりも湿度が苦手。睡蓮鉢を眺めて癒されるどころか、水中のメダカは湿度を感じないからムシムシする気持ち悪さを知らない…なんて嫉妬してしまうくらいにグッタリしてました。2018年、平成最後の8月は最悪な暑さとして記憶に残りそうです。😭 前回:2018年07月 連続猛暑日でしたが、メダカは意外と元気そうでした

ビオ日誌 2018年07月まとめ 連続猛暑日でしたが、メダカは意外と元気そうでした。

イメージ
屋外飼育していいのか?!ってレベルでの連続猛暑日。 こんにちは (๑′ᴗ‵๑) 6月29日に梅雨明け……早すぎる。で、そのまま一気に真夏になってしまいました。実際には25日くらいから気温が真夏並みだったので、体がまいってしまいますね。その暑い7月もようやく終わりました。屋外の睡蓮鉢の水も手を入れるとお湯みたいに暖かくてビックリしますよね。 前回のビオ日誌:2018年05-06月まとめ

ビオトープFAQ:メダカはどうしたら綺麗に撮れますか? 水面が反射する時は?(メダカの撮影方法)

イメージ
カメラが私よりお利口なので、とりあえずオート撮影でOK。 カメラの知識がほとんどない私が写真の撮り方を書くのも何なんですけど〜😂 完全にカメラ任せのオート撮影でもそれなりに撮れるので、もし一眼レフなんかがお家に転がってたら、それでメダカも撮ってみてくださいね〜。スマホを使った撮影にも役に立つ小物の紹介もしています。 広告 1. センサーサイズが重要(と思います)。 最近のスマホのカメラの画質はかなり良くなっているので、写真を使用する場所がSNSだけなら、特別高価なカメラを買わなくてもいいと思っています。動画はスマホのほうが綺麗に撮れることも。何より手軽です。 私の場合は、旅行と花撮影の延長でデジカメを購入しました。普段使用しているカメラは、PanasonicのGM-1と、Canon EOS kiss X9です。花写真も撮りに出かけるので、持ってても苦にならない重さのカメラを選びました。 植物の細かいところを見るのが好きなので、常時付けているのはマクロレンズです。大抵のものはそれで撮ってます。GM-1には30mmのマクロ、X7には60mmのマクロレンズを付けていることが多いです。 センサーサイズはさほど重要じゃないよ、という記事もあったりしますし、マイクロフォーサーズやAPS-Cと区別がつかないと言う方もいらっしゃいますが、慣れてくるときめの細かさの違いでわかる時があります。お金に余裕があれば「フルサイズ」のカメラに高価なレンズをお勧めします。 値段もそうですが、大きくて重いというデメリットがあって、なかなかフルサイズには手が出ません。そこで、軽くて価格も手頃、まあまあ納得できる画質が得られるのが「マイクロフォーサーズ」と「APS-C」です。型落ちをタイミングよく買えば5万円前後と比較的安いです。 2. 慣れてるメダカはマクロレンズ、隠れるメダカは望遠レンズ。 メダカは慣れてくると人が近づいても水面で泳いでいるので、近づいてマクロレンズで撮影できます。ちょっと警戒してても、カメラを構えて動かないで待ってると水面に出てきます。 まだお迎えしたばかりで警戒心が強く、絶対出てこないような時は、遠くから隠れて望遠レンズでこっそり撮ります。ほとんどのメダカは餌を撒くと水面に上がってくるので、ごはんタイムは撮

ビオ日誌 2018年05-06月まとめ 特に変化もなくいつも通りの睡蓮鉢。

イメージ
5月25日、久しぶりに金魚タライの掃除をしました。 こんにちは (๑′ᴗ‵๑) コメットも大きくなりました。もう少し大きな池で自由に泳がせたいのですが、タライで我慢してもらってます。久しぶりに金魚ビオを始めたいです。琉金〜。

種から育てるヒツジグサ 2 (実生の睡蓮)春の植え替え、初めての蕾と開花まで

イメージ
日本の温帯睡蓮「ヒツジグサ」を種から育ててみましょう。 2011年、ヒツジグサを種から育ててみることにしました。最初の2年間は同じ鉢で植え替えもせず、屋外のプラ舟に入れたまま見守っていました。2度目の冬も終わり、2013年の春、根の状態も気になったので、植え替えをしてみることにしました。 前回:種から育てる未草 種から育てる未草 受粉から発芽まで 広告 2013年、根茎は1cmあればいいほう。 植え替えの時に、よく育っていた3つを選びました。3年目はまだまだ小さいです。 2つの鉢、10株くらいの中から良いものを選ぼうと思っていたのですが、 冬の間、家族が「何にも入ってない鉢だから〜」とヒツジグサの鉢の1つをプラ舟の外に出すという余計なことをしやがりました(怒💢)。鉢が外に出してあるなんて思ってもいないので、ガラス越しに見てもまったく気づかず、気づいた時は完全に枯れていました。良く育ってたほうの鉢でした。😭 なので、本来はもう少し大きくなっていたのかもしれません。植え替え手順に関しては下のページをご覧ください。 関連記事:ビオトープの作り方 睡蓮の植え替え さすがに3年目は葉も大きく育ちます。 暖かくなって元気そうです。 6月下旬にはプラ舟を覆う勢いで葉っぱが広がりました。 8月になると、蕾も何度か上がってきましたが、形がいびつですね。 開花のためのエネルギーが足りなかったみたいで、蕾のまま枯れていく感じでした。2013年も花は咲きませんでした。ううう… 2014年、プラ舟もあまり大きくないので、1つに絞ることにしました。 かなり大きく育ってます。この中の一番大きいものを1つだけ残して、他は欲しいという方の元に。広い池があったら全部育てたかったけど。 それから2019年に至るまで、この株を育てています。 睡蓮鉢全体の調子も良くて、普通に大きな葉をつけるようになりました。 ついに3年目にして開花しました。 2011年の春に種から育て始めて、2014年で初めて花が咲きました。茎が伸びすぎてちょっとクタッと寝ているのですが花自体は綺麗に咲きました 茶色の手を持つ(植物を枯らす)ワタクシ、少しだけ自信がつ
おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編