ビオ日誌 2018年04月まとめ 成長遅めのフロッグビットと成長早めのヤエオモダカ

1920x1200 ビオトープ観察日誌 0403

氷で幕開けの2018年、ようやく春の訪れを感じます。

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

マツモとアナカリスだけが元気な睡蓮鉢です。メダカとミナミヌマエビも元気です。睡蓮用のプラの鉢が見当たらないので、去年使った小さな睡蓮鉢をそのまま入れてます。Twitterとかで見る皆さんの画像が青々してて羨ましい……。

そして、ワタクシ、腰痛持ちになってしまったかもしれません。最近、怖くてあまり重い物を持つ作業ができません。😭

 

姿の美しいカキツバタ


charm 楽天市場店

4月3日、寒くて矮小化しているフロッグビット。

ドワーフ フロッグビットは、3月の頃よりさらに小さくなりました。今年は何度も氷漬けになったせいもあるのかな。でも、色的にはこれから成長していきそうなきれいな緑色。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 0403

以前にも、越冬後に小さい フロッグビットが1個だけになりましたが、そこから増えました。ここ最近、異常に暖かいので大丈夫でしょう。

謎の越冬組植物……多分……

これは……やはりグロッソなのかな。小さな葉が越冬してたので、ソイルに植え直してみました。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 0403

なぜかうちではグロッソが育ちません。うちでは育たない水草シリーズですね。何もしなくても育つよ〜的な水草なのに、「うちでは育たない」っていうのがたまにあります。基本はやはり私のスキル不足なのかなと思いますが、グロッソわさわさにしてみたいです。

4月20日、睡蓮鉢の植物はまだまだ寂しい状態。

でも、ヒツジグサの葉が伸びてきました。今年は特に変わったこともせず、もしかしたらこのままいくかもしれません。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 0420

ヘアーグラス(マツバイ)の鉢です。余ってたクレナタを入れてみました。クレナタ ウォータークローバーは屋外でもまったく問題なく越冬します。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 0420

氷漬けのせいで、ドワーフフロッグビットが矮小化してしまい、ついにウキクササイズになってしまいました。気温が上がってきても成長がのんびりです。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 0420

小さいのがアオウキクサ、少し大きくて葉の先が尖ってるのがウキクサ、中央の丸い葉っぱがドワーフフロッグビットです。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 0425

やっぱりグロッソスティグマの生き残りだったらしい草。グロッソスティグマは少しずつ伸びています。グロッソを枯らしてしまう人から育てる人に変わりたい。

春の睡蓮鉢は、いつも水面にホコリがたくさん。

掬っても掬っても残るので、ホコリだらけの水面が嫌になったら、多めの水足しで溢れさせてホコリごと流してしまいます。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 0420

4月25日、大雨の後、水面の埃っぽさが軽減してます。

今年のメダカたちは、ベランダに出ると餌ちょうだい!って感じで寄ってくるようになりました。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 0425

ヤエオモダカがほぼ発芽してます。こちらは早すぎ! 5月並みの気候やら夏日やらが続いたせいでしょうか。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 0425

 

おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編