投稿

2019の投稿を表示しています

ビオ日誌 2019年10月01日 サンショウモが枯れていく…

イメージ
浮力の高めなプラボードは外れて浮かんでました。こんにちは (๑′ᴗ‵๑) 10月上旬は暑かったですね。意外と残暑がキツイです。そしてまた週末に大型台風が近づいてて戦々恐々。予定あるのになー。何の工夫もない普通のプラ舟になってしまいました。小さいメダカには越冬できるくらい大きくなってほしいので、毎日餌やりしています。親メダカと泳げるくらいのサイズだと屋外に出していても問題ありませんが、地域や品種によっても違うと思います。前回のビオ日誌:ビオ日誌 2019年09月まとめ 秋のリセットをすることに

簡単に水中葉から水上葉化「キューバパールグラス」ビオトープの水生植物

イメージ
春になったのでキューバパールグラスを水槽から出します。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)前回からの続きです。キューバパールグラスを、水中葉から水上葉化します。真夏の暑さに気をつければ、そんなに失敗しません。うちではグロッソスティグマより簡単に育ってました。前回:簡単に水上葉から水中葉化「キューバパールグラス」 広告
5月、ソイルごと取り出してもいいし、草だけ抜いてもOK。5月5日、こんな感じで置いておくと自然に育ちます。 7月、キューバパールグラスの半水上葉は順調。根付いてきました。7月10日、こちらはニューラージパールグラス。水上葉化の時は他の睡蓮鉢も動きがあったりで、あまり細かく記録していませんでした。 下がキューバパールグラス。ちゃんと根付いて増えつつあります。緑が段々広がっていくのが見ていて楽しいです。しかも水をやるだけの簡単管理。お日様って偉大です。 9月、鉢いっぱいのキューバパールグラスの絨毯〜。09月13日、↓ニューラージパールグラス。小さめなガラス容器で育てています。 09月20日、↓キューバパールグラス。25cmの鉢にいっぱいです。 最初は睡蓮鉢の水中に緑の棚場を作りたくて、その候補として購入してみたのですが、棚場計画はまだ実行に移してません。緑の棚場の上を泳ぐメダカ、というイメージが私の理想です。10月、再びミニ水槽でキューバパールグラスを越冬させます。10月3日、↓ニューラージパールグラス。 10月3日、↓キューバパールグラス。また同じ方法で水中葉化してヒーターで加温して越冬します。 水は汚れが溜まってたら水をたくさん注いで汚れごと溢れさせて流すって感じでした。流した後は、上の画像のように水多めになってます。そのまま放置でソイルが顔を出したら水草がヒタヒタになるくらいに水足しをしてました。キューバパールグラスの水中葉化はこちらAmazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順

簡単に水上葉から水中葉化「キューバパールグラス」ビオトープの水生植物

イメージ
キューバパールグラスを水槽で水中葉化します。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)以前、キューバパールグラスを、水上葉→水中葉→水上葉と繰り返した時の日記をまとめてみました。水槽では少し難度の高い水草ですが、夏の間屋外で育てるには比較的簡単な植物でした。 広告
10月、窓辺の太陽光を利用してプチ温室風で維持。キューバパールグラスは15度以下になると枯れるらしいので、20度あたりを目安に水中葉化しようと思います。10月17日、屋外で育てていたキューバパールグラスの水上葉を完全な水中葉にするため、ソイルを敷いた小型水槽にキューバパールグラスを移しました(植えるというより置いた感じです)。日光が当たれば25度くらいになる窓辺に置いてます。 10月23日、根が少し潜って葉が上に出て来た気がします。最近肌寒いけどまだ元気です。 10月28日、水はヒタヒタで、半分くらいラップで蓋をしています。さらにしっかり育ってきたように思います。根が張って落ち着くのを待っている状態です。 青々してきています。グロッソやヘアーグラスも混じってます。 10月31日、いよいよ寒くなってきたので注水しました。水を入れて数日そのままにしていたら、根が取れてポロポロと浮き上がってきたのでヒーターを入れることに。急な温度変化を避けるために、昼間の気温が20度を超える日にヒーターを稼動。26度固定のヒーターですが、だいたい24度くらいで落ち着いています。 まだしっかり定着してない感じ。キューバパールグラスは水上葉を水槽に入れても比較的そのまま馴染みやすいそうです。11月、26度固定のヒーターでそのまま維持。11月4日、注水して5日目。現在は、CO2ナシ(永遠にやる気なし)、エアレーションなし、濾過なし、窓辺に置いて太陽光で育ててます。少し下草が枯れているようですが、太陽光が当たると気泡がたくさんついて見ていて飽きません。キューバパールグラスは本当に気泡が付きやすいですね。水はちょっと白っぽく濁ってます。 11月19日、枯れることもなく概ね定着しています。さらに水中葉っぽい雰囲気になってきました。一部は根の張りが不完全だったようで、水を入れたら浮力で一部浮き上がってしまいました。窓辺に置いて太陽光を利用していますが、今まで窓辺に置いた水槽はコケにまみれ藍藻が発生して大変でした。ガラス部分は拭けるけど、ソイル部分にコケや藍藻がつくと掃…

ビオ日誌 2019年09月まとめ 秋のリセットをすることになりました。

イメージ
ここだけ見れば水草も元気そう? ようやくマンションの改修工事が終わりました。こんにちは (๑′ᴗ‵๑) 7月と8月はエアコンの効いた部屋の窓辺に置いてたプラ容器ですが、8月下旬から屋外に出したら、温度変化についていけなかったのか、水草がどんどん不健康になっていきました💦ようやく大きな容器に戻せます。気分転換で、たまには容器を変えてみようと思い楽天24で購入したのですが、注文から配達まで1週間もかかってしまい、連休中何もできないまま悶々と過ごすはめに〜。前回のビオ日誌:2019年08月17日 7〜8月は室内に置いたので水草が元気なし

観葉植物も意外と水辺で使えます。ビオトープの水生植物

イメージ
観葉植物のカテゴリでもビオに使えるものがあります。アクアブログを始めた頃に知り合った方がワイヤープランツをメダカ池で育てていて、それがものすごい繁茂しているのを見たのが始まりです。水耕栽培ができたり、水を切らさないようにたっぷり与えるといった植物だとビオの水に浸けて育てることができる場合もあります。 広告
ワイヤープランツ。細い針金のような茎に丸い葉っぱがたくさん付いて可愛い植物です。まばらでも結構オシャレに見えるのと、ホームセンターで激安価格で販売しているので、お試しで始めやすい植物です。丈夫で安いハイドロの定番ですが、水やりをちょっと怠けるとすぐ枯れる印象です。 学 名:Muehlenbeckia axillaris
英語名:Wire Vine
中文名:鈕扣藤
日本名:ワイヤープランツ
[PR] 斑入りワイヤープランツ(楽天) フィカスプミラ。プミラも見た目が可愛いのと、育てるのが楽なので、水辺周りが寂しい時に置くのにオススメ。ホームセンターでハイドロカルチャー用として売ってます。やっぱりこちらも乾燥には弱い印象です。柔らかい印象と裏腹に意外と丈夫。「天使のいたずら(クエルギフォリア)」というモミジの形をした葉っぱもあります。 学 名:Ficus pumila
英語名:Pumila
中文名:薜荔、雪荔、斑葉薜荔
日本名:オオイタビ、プミラ
[PR] 天使のいたずら(楽天) アジアンタム。雰囲気はフィカスプミラに似ていますね。日本庭園の水甕の陰に茂っていたのを真似したくなって買ってみました。アジアンタムもホームセンターではお手頃な観葉植物です。水場に生えていたのでビオにも使えるだろうと思っていたのですが……その年のあまりの暑さに、か、枯れてしまいました。葉が風にそよぐ様は本当に涼しそうな植物でした。 学 名:Adiantum raddianum
英語名:Delta Maidenhair
中文名:細葉鐵線蕨
日本名:アジアンタム ガジュマル。テラリウムとも相性のいいガジュマル。その場の思いつきで買ってしまいました。屋外でも越冬できそうな感じでしたが、ちょっと飽きてしまい人に譲って終了しました。 学 名:Ficus microcarpa
英語名:Chinese banyan
中文名:細葉榕
日本名:ガジュマル
[PR] ガジュマル(楽天) 屋外で越冬できるもの(…

グラス系「ベニフヒメアシ」「トワダアシ」ビオトープの水生植物

イメージ
草っぽいものが欲しくて買ってみた植物です。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)今ほど情報がない時代に、細く伸びる草のような感じのものが欲しくて買った植物です。インボイスの学名で調べると「クサヨシ」が出てきますが、流通名は「ベニフヒメアシ」です。クサヨシの斑入りは「シマガヤ」で、「ベニフヒメアシ」には赤い斑が入るみたいです。日が当たるほど赤くなるという説明もありました。トワダアシにも似ているような気がします。 学 名:Phalaris arundinacea
英語名:
中文名:
日本名:ベニフヒメアシ(紅斑姫葦) 越冬OK。写真は一年経って枯れた枝の間から新芽が芽吹いているところです。右側にトクサも写ってます。名前が違うだけ? 十和田アシ。その後、十和田アシを購入してみました。こんな感じでプラ舟に入れてたんですが、この年は暑かった… しかも、うちはエアコン室外機の隣という過酷な環境(ここしか置ける場所がないのです)。あっという間にチリチリに。 学 名:Phalaris arundinacea
英語名:
中文名:
日本名:トワダアシ(十和田葦) アマゾン ペット用品ストア
茶色っぽいのは枯れているところで、葉にピンク色がないのは、多分だんだん色が抜けていったような…。下の画像は左上からベニフヒメアシ・フイリクサヨシ・トワダアシ・カナリークサヨシです。
[PR] charm 楽天市場店 Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順

食べられる水草「ミズオジギソウ」ビオトープの水生植物

イメージ
オジギソウって子供の頃からみんなが好きな植物!こんにちは (๑′ᴗ‵๑)可愛い感じだったので買ってみました。これも育て方がいまいちよくわからないままに植えてみました。杜若園芸さんのサイトによると、植えても水に浮かべても、どちらでも育つようです。しかし、この植物は池に向いてます。デカくてゴツイです。オジギソウのイメージから勝手にミニサイズだと思い込んでました。通販てコワイ! 学 名:Aeschynomene fluitans
英語名:
中文名:
日本名:ミズオジギソウ
[PR] charm 楽天市場店 16日後、どんどん元気がなくなるので水に入れてみることに。写真で見て初めて気づくんですよね…なんか虫らしきものがいます。写真が鮮明じゃないけど、アブラムシかな? それにしては数が少ない感じも。 数日後、一時的に回復したような気がします。 約一週間後、新しい葉も出てきて復活しつつ… 根らしいものが出てきています。空芯菜みたいに真ん中は空洞なのかな? 写真はここで終わってました。結局枯らしてしまったみたい。💦 ミズオジギソウと言われるものにとりあえず、2種類はあるようです。Neptunia oleracea
マメ科ミモソイデ亜科 ネプチュニア属 中南米、アフリカ、東南アジアに分布。園芸用で広がったのかな。花は総(ポンポン)みたいな形です。東南アジアで食べられているので、食用はこちらだと思います。茎の部分が細いレンコンみたいな感じになります。葉が閉じやすいのはこっち。Aeschynomene fluitans
マメ科クサネム属 南アフリカに自生している植物みたいです。こちらはマメ科らしい形の黄色い花が咲きます。ここの写真のミズオジギソウも、枯れたマメの花みたいなのが付いてたので、こちらの種だと思います。茎はどこまでいっても同じくらいの太さです。Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順
おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編