投稿

7月, 2019の投稿を表示しています

【買いました】トンボ「角型タライジャンボ 水抜栓付 60型」金魚の屋外飼育に

イメージ
TONBO(トンボ) 角型タライジャンボ 水抜栓付 60型こんにちは (๑′ᴗ‵๑)家族に「ねり樽の色が暗くて嫌だ」と言われてしまいました。いや、暗いほうが金魚の安心感UPするし、うーん。でも、そんな理由で、ついつい「タライジャンボ 60型」に手を出してしまいました。 広告
お手頃で水量が確保できるタライジャンボ。私がプラ舟やタライを買った時は黒色がまだなかったんですよね。青だといかにも水仕事って感じです💦水抜栓が付いてて便利そう〜と思ってましたが、これがすんごく固いんです。私の力ではナカナカ開けられません。ちょっと困ってます(カポカポでも困るけど)。屋外飼育でこの水抜栓が役立つ場面はあるのでしょうか……。 100均網を2枚。真夏に簾を掛けるのに便利です。日当たりのいい場所に置いておくとかなり褪色するようです。うちは日当たり悪いのでまだ青いけど、日向だと白っぽくなるみたい。 ベアタンクの金魚たらいになっています。もともと金魚用に買ったので、タライでビオトープはしたことありませんが、タライだと水深があるので、階段状にするとか色々と遊べそうです。 現在はイエローコメット2匹と朱文金1匹です。こちらは2匹のうちあまり大きくならなかったイエローコメットさん。Amazon「観賞魚・水中生物」おすすめ Rakuten「観賞魚(メダカ)」ランキング

風に揺れる葉が涼しげ「セキショウ/ヒメセキショウ」ビオトープの水生植物

イメージ
何もしなくても増えている水草、アナカリス。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)5月5日の菖蒲湯は、元々はこのセキショウを入れてたとか。実際、根や葉からスッキリとしたいい香りがします。日向に置いても日陰に置いても、夏でも冬でも丈夫ですが、乾燥に弱いので注意。以前はサトイモ科でしたが、ショウブ科になりました。確かに根元はショウブっぽい感じです。水に半分浸かった状態で、根は石に活着可能です(時間がかかるけど)。その辺がとても便利でテラリウムにも使えそう。こういう渋い草がお好きな方にはフウチソウもお勧めです。 学 名:Acorus gramineus.
英語名:Acorus
中文名:石菖蒲
日本名:セキショウ(石菖) 広告
日本庭園の水辺でもよく見かけます育てばこんな感じのモサモサに。色やサイズも色々あって、葉が明るい黄緑の黄金石菖、白っぽい縞が入る斑入り石菖、小さな姫石菖、黄金姫石菖などがあります。アコルスという名前でも流通しています。 石菖(セキショウ)の品種を探してみました。他にも品種はこんなのがあるらしいです。区別つきませんね。詳しく解説してるサイトもなくて、園芸店の説明丸写しです。💦 黄金(葉全体が黄金葉か縦縞に黄斑入り)朧月おぼろづき(萌黄縞の斑入り)政宗(緑葉にスッと白い斑が入る)有栖川(葉の全体に淡い黄白色の斑が入る)金銀昼夜(葉の表が白色で、裏面が緑色)天鵞絨びろーど(草丈3~4cm詰まった葉)貴船(天鵞絨石菖に似ている)谷間の雪(緑葉に黄色の斑入り)五十鈴川()面河(細く長い葉が特徴)私のはじめての睡蓮鉢の水生植物でした。和風〜最初の睡蓮鉢に入れましたが、ボールの直撃を受けてこの鉢は終了しました。悲しい思い出…😭 手前にヒメセキショウがちょこんと乗っかってますが、本当に小ぶりなので、こちらもヒメトクサ同様、盆栽的な使い方が向いてると思います。 成長は遅めな感じです。根がとてもいい香りで、もう一度嗅ぎたい。そんな理由でまたセキショウを育てたいなと思っていましたが、精油を販売しているところを発見。そっちを買ってしまうかも…。下の商品画像では、上がセキショウ、下がフウチソウです。どちらも割とホームセンターに置いてます。
[PR] charm 楽天市場店
[PR] charm 楽天市場店 水草のセキショウモ(トチカガミ科)、山野草のハナセキショウ(チシマゼキショウ科)、イ…

和風の演出に最適「トクサ/ミズトクサ」ビオトープの水生植物

イメージ
すらっと上に伸びて和風庭園風。育てるのはとても楽。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)トクサはビオトープを始めた頃に、大小二つ買って育てました。トクサの他に、オオトクサ、ミズトクサ、ヒメトクサの種類があるようです。当時買ったのは、トクサとヒメトクサだったのかな?ほぼ何もせず、鉢ごと水に沈めてました。水辺!って感じがしてオススメです。束になって生えていると味わいがあります。ただ、台風が来て結構折れました。越冬に関しては、なにもしなくても春になると芽が出てきますヒメトクサは背丈が低いのであまり深く沈められません。苔玉みたいな盆栽系に向いてて、プラ舟ではイマイチ存在感が出ませんが寄せ植え的にアレンジするといいのかも。 学 名:Equisetum
英語名:Rough Horsetail, Scouring Rush
中文名:水木賊
日本名:トクサ(砥草、木賊) 広告
トクサとミズトクサの違い。下の写真はショップにあった「トクサ」と「ミズトクサ」です。ミズトクサのほうが華奢で色が明るいので並んでいたら見分けやすいですね。一番上の画像のトクサは公園で撮影したもので、サイズ的にオオトクサかもしれません。 ツクシの仲間で、ツクシの胞子嚢そっくりのができるみたいです(見たことないけど)。これでとんでもないところに増えていくんですね。Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順

【買いました】水作「水作エイト(旧版)」と「水作エイトコア」の違い

イメージ
こんにちは (๑′ᴗ‵๑)いつの間にか水作エイト教に洗脳されて信者になってしまいました。見た目にそんなにこだわらなければとても簡便なフィルター兼エアレーションです。このままでは使えません。エアポンプとエアチューブが必要です。 広告
新しい「水作エイト コア」新しく発売された「水作エイト コア」は簡単に蓋が取り外せるようになりました。ラインナップもコアで揃えるようになったみたいですね。 水作エイト コアは、本体の下側が深くなってるので、ろ材を入れる感じです。 そのため、底の砂利をこぼす失敗が滅多になくなりました。専用ろ材は旧版と兼用可能です。
[PR] charm 楽天市場店 旧版「水作エイト」以前の水作エイトは、上のカバーを外すのにちょっとコツがいる感じでした。 本体の上側をろ材にかぶせる感じの構造でした。 砂利の容器は浅いので、たまにブチまけてました。😂
[PR] charm 楽天市場店 広告
旧版水作エイトのカスタマイズ。別売りのメッシュケースにサブストラットなどをろ材を入れ、エアストーンを使って細かい泡を出すというカスタマイズがあります。必要なものは下の5つなのですが、「シリコンパッキン外径10mm内径5mm」はいぶきさんのショップでしか見たことありません。サイズが合えば代用できるものもあると思います。水作エイトお好きなろ材水作 ブリッジ メッシュケースシリコンパッキン外径10mm内径5mmいぶきエアストーン100φ丸#180 <

ビオ日誌 2019年07月まとめ ビオ活停止中…そして日照時間が少なすぎぃ。

イメージ
補修工事が始まってベランダの睡蓮鉢を室内に移動。こんにちは (๑′ᴗ‵๑) タイトル通りで、現在ビオ活停止しています。室内に入れたものだから日が当たらず、植物も弱ってきているので、ダイソーの容器を増やして小分けにして交互に日に当ててるのですが、それ以前に日照時間が激減で外に出しても暗いまま!この容器にはフロッグビット(大きい方)が入ってますが、比較的元気です。

水中に森を作ることが出来る「ロタラの仲間」ビオトープの水生植物

イメージ
水中にも水上にも簡単に適応するため扱いやすい水草。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)水草の水上葉の寄せ植えをしてみたくなって、おまかせロタラセットを買ってみたのですが、整理が苦手な私アルアル→どれがどの種類かすっかりわからなくなってしまいました。届いたロタラだけでも、なかなか区別がつきません。なので、名前が正確かどうかイマイチ自信がありませんが、丈夫で育ちやすかったのがグリーンロタラとロタラ ロトンディフォリアでした。あまりの丈夫さに水上葉と水中葉を繰り返して育ててましたが、ちょっと飽きてお休みして、また育てています。 学 名:Rotala sp.
英語名:Rotala sp.
中文名:節節菜屬
日本名:キカシグサ 広告
ロタラの水上葉化はとても簡単です。グリーンロタラとロトンディフォリアに関して言えば、水中葉(水中で育つ葉っぱ)から、水上葉(空気中で育つ葉っぱ)にするのは簡単ですし、その逆も非常に簡単です。ソイルの上に(最初は水多め1〜2cmくらい)、5cm程度に切り取った水中葉のロタラを転がして置くだけです。 水上葉が出てくるまでは乾燥にだけ注意します。しばらくは水をひたひたにしておくと、自然に根を張って、水上葉を展開するようになります。季節によって乾燥しないようにラップで2/3くらい覆います。水上葉と書いてあっても湿度が高いところで育った葉は乾燥に弱いので、購入直後も乾燥には注意してください。 育ってきたら水が減っても大丈夫ですが、水やりは常に多めです。グロッソスティグマも混じっていますね。 梅雨あたりまではこれでいいのですが、この状態だと夏になるとくたびれちゃうんですよね。夏は睡蓮鉢の中に入れてました。水上葉のまま越冬すると春に花も咲くようです。 広告
ロタラの水中葉化は簡単すぎて注意もコツも不要です。うちではベランダも狭いので、大抵の水草はダイソーのガラス容器でちんまりと育てていました。ロタラもこんな感じで水上葉にしてました。 根が張ってしっかり育った頃に容器ごと睡蓮鉢に入れてました。水上葉から水中葉もまったく気を使わなくても馴染んでくれます。10cmくらいに育ったらドボン。そのまま枯れもせず水中に適応して育ちます。水中葉化も水上葉化も成長の速い暖かい季節が向いてます。 ロタラ ロトンディフォリアは葉が赤くなるので、また違った雰囲気が楽しめますよ。ロトンディフォリアは「ホザキ…
おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編