投稿

9月, 2018の投稿を表示しています

ビオトープFAQ:ビオトープの藻対策・コケ対策「アオミドロ」あまり気にしない!

イメージ
君のそばにいつもいるよ系の……アオミドロ(藻)。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)最近は、アオミドロ等をコケと言わず藻と呼ぶのが主流のようですね。たしかにコケブームの昨今、コケじゃないだろ!って思いますよね。メダカが動きにくそうにしてると思ったら、アオミドロがものすごく増えていました。南のベランダに置いてた睡蓮鉢の中で育ってました。放置しておくと、意外と強力な繊維質の部分もできてきて、すごいことになります。ふわふわ〜くらいなら、まだ対策のしようもありますが、こんなになってたらすぐに手で取っちゃってください! 学 名:Spirogyra sp.
英語名:Green Algae
中文名:水綿
日本名:アオミドロ(水綿、青味泥) 広告
ビオトープならアオミドロが発生しても気にしない!アオミドロがあるのが当たり前なんです。まずは意識改革。メダカにとっては引っかかって窒息死する以外は特に害はありません。ただ、植物に絡むと成長を阻害しそうだし見栄えも悪くなります。アオミドロが増えすぎて問題が起きた時だけ対応しましょう。 まずは見つけたらテデトール(手で取る)で排除がお勧めです。割り箸を水中でぐるぐるしたら、最初の写真のような繊維状のものがゴソッと取れるなら、それは増えすぎなので、できるだけ絡め取ってください。できれば30cmくらいのピンセットがあると取りやすいです。以前は水作の30cmのピンセットを使用していましたが失くしてしまい、今はスドーの27cmのピンセットを使っています。
[AD] スドー ピンセット270(Amazon) ピンセットで取れないふわふわのアオミドロ。ピンセットで取れないタイプのアオミドロが発生しました。今まではピンセットでつまめるタイプしか経験がなかったのですが、この緑の巻き髪みたいなアオミドロ(?)は、ピンセットでつまむと形が崩れてしまって取り出せませんでした。 割り箸にも引っかからないような、もんわりしてるものは網や小さめなプリンカップですくうか、お掃除用のスポイトで吸い出してください。クリーナースポイトは、ジェックスのクリーナースポイトを使用していましたが、押すところの内側が汚れてしまい、今はカミハタのロングタイプに買い換えました。ロングタイプにしたら押すところに汚れが届かないので分解して洗う必要もありません。
水中に栄養分が豊富にあって、日当たりがめっちゃい…

ビオトープFAQ:睡蓮鉢や水槽の地震対策・水害対策は何ができますか?

イメージ
基本は、割れないようにする、水がこぼれないようにする。3.11 東日本大震災の時に、東京で震度5強を経験しました。マンション中層階なので電子レンジが落ちるくらいの揺れでした。この時、ベランダのビオトープの容器にはプラ舟を使っていて、リセット前だったおかげで、水と浮草がこぼれただけで特に大きな被害はありませんでした。メダカやミナミヌマエビも寒さゆえか地震を察知してか底の方にいたみたいで、水はかなり激しく揺れてましたが、幸いなことに飛び出しもありませんでした。金魚も同様です。当時、冬場に計画停電があり、熱帯魚水槽の方が対策のしようがなく、心折れてアクアリウムをやめていきました。私の地域は計画停電の対象にならず、なんとか維持できましたが、その後は縮小して、熱帯魚の加温水槽は完全にやめています。 広告
地震で考えられるダメージ。揺れで水槽が割れる横揺れで水がこぼれる停電で環境が維持できない停電で断水水槽台ごと倒れたり、ライトなど上のものが落ちて水槽が割れます。飼育水と一緒に魚が流れ出るのが一番の問題です。水槽が割れなくても、大きな横揺れで水と一緒に魚まで飛び出してしまうこともあります。熱帯魚水槽の周りは電気製品を多く使用しているので、水がコンセントにかかると感電の恐れも出てきます。片付けはブレーカーを落として作業してください。その後も停電が続くと、熱帯魚水槽などでは、ヒーターやクーラーまたはファンが停止して水質水温が維持できなくなります。長時間濾過装置が止まることで繊細な生体には問題が起きるかもしれません。ヒーターは空焚き防止装置の付いたものに交換しましょう。 台風(強風と豪雨)での考えられるダメージ。2019年9月、大型台風がきてしまいました。鉄塔が2基倒れ、停電が4日以上続いている地域もあります。こんな台風は想定外でした。停電に関する対処は地震と同じです。煽られて睡蓮鉢がひっくり返って割れる水が溢れて魚が流れ出す急激な水質変化で魚が​死ぬ停電で環境が維持できない停電で断水大型台風では、物が飛んできて当たれば、陶器の睡蓮鉢などは割れることもありますし、軽くて小さい睡蓮鉢は風に煽られてひっくり返ることもあるかもしれません。被害だけでなく、睡蓮鉢周りのスダレや小物が飛んで行ったら危険ですし、誰かに迷惑を掛ける場合もありますね。また、災害ではありませんが、アライグマなどが睡蓮…

ビオ日誌 2018年08月まとめ 暑い夏を乗り越えたメダカたち。

イメージ
メダカよりも私が夏さで死にそうでした。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)7月から続く猛暑日続きの日々に逃げ出してしまいたいです。これでも東京はまだマシなんですよね。西日本は天気予報を見るたびに泣きそうな気温でした。ただ、7月よりは 暑さに慣れたのか、30度なのに体感温度は涼しく感じてしまったりして、悲しい…💦私は何よりも湿度が苦手。睡蓮鉢を眺めて癒されるどころか、水中のメダカは湿度を感じないからムシムシする気持ち悪さを知らない…なんて嫉妬してしまうくらいにグッタリしてました。2018年、平成最後の8月は最悪な暑さとして記憶に残りそうです。😭前回:2018年07月 連続猛暑日でしたが、メダカは意外と元気そうでした
おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編