投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

種から育てるヒツジグサ(実生の睡蓮)春の植え替え、初めての蕾と開花まで

イメージ
🍀 日本の温帯睡蓮「ヒツジグサ」を種から育ててみましょう。

2011年、ヒツジグサを種から育ててみることにしました。丸2年は同じ鉢で植え替えもせず、屋外のプラ舟に入れたまま見守っていました。2度目の冬も終わり、2013年の春、根の状態も気になったので、植え替えをしてみることにしました。



前回:種から育てる未草 受粉から発芽まで



小さめな睡蓮

[AD] charm 楽天市場店



2013年




植え替えの時に、よく育っていた3つを選びました。3年目はまだまだ小さいです。
2つの鉢、10株くらいの中から良いものを選ぼうと思っていたのですが、 冬になぜか家族が鉢の1つをプラ舟の外に出すという余計なことをしました。鉢が外に出してあるなんて思ってもいないので、ガラス越しに見てもまったく気づかず、気づいた時は完全に枯れていました。良く育ってたほうの鉢でした。😭

なので、本来はもう少し大きくなっているのかもしれません。植え替え手順に関しては下のページをご覧ください。



関連:ビオの作り方 睡蓮の植え替え





それでも暖かくなると元気そうに育ちはじめました。





6月下旬にはプラ舟を覆う勢いで葉っぱが広がりました。





8月になると、蕾も何度か上がってきましたが、形がいびつですね。





開花のためのエネルギーが足りなかったみたいで、蕾のまま枯れていく感じでした。2013年も花は咲きませんでした。



広告

アマゾン ペット用品ストア



2014年




かなり大きく育ってきました。この中の一番大きいものを1つ残すことにしました。残りは、欲しいという方の元に。





今後は1つだけ育てます。狭いので……広い池があったら全部育てたかったけど。





睡蓮鉢全体の調子も良くて、普通に大きな葉をつけるようになりました。


ビオ日誌 2018年04月まとめ 成長遅めのフロッグビットと成長早めのヤエオモダカ

イメージ
氷で幕開けの2018年、ようやく春の訪れを感じます。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)マツモとアナカリスだけが元気な睡蓮鉢です。メダカとミナミヌマエビも元気です。睡蓮用のプラの鉢が見当たらないので、去年使った小さな睡蓮鉢をそのまま入れてます。Twitterとかで見る皆さんの画像が青々してて羨ましい……。そして、ワタクシ、腰痛持ちになってしまったかもしれません。最近、怖くてあまり重い物を持つ作業ができません。😭 姿の美しいカキツバタ


charm 楽天市場店 4月3日、寒くて矮小化しているフロッグビット。ドワーフ フロッグビットは、3月の頃よりさらに小さくなりました。今年は何度も氷漬けになったせいもあるのかな。でも、色的にはこれから成長していきそうなきれいな緑色。 以前にも、越冬後に小さい フロッグビットが1個だけになりましたが、そこから増えました。ここ最近、異常に暖かいので大丈夫でしょう。謎の越冬組植物……多分……これは……やはりグロッソなのかな。小さな葉が越冬してたので、ソイルに植え直してみました。 なぜかうちではグロッソが育ちません。うちでは育たない水草シリーズですね。何もしなくても育つよ〜的な水草なのに、「うちでは育たない」っていうのがたまにあります。基本はやはり私のスキル不足なのかなと思いますが、グロッソわさわさにしてみたいです。
総合旅行予約サイトの楽天トラベル 4月20日、睡蓮鉢の植物はまだまだ寂しい状態。でも、ヒツジグサの葉が伸びてきました。今年は特に変わったこともせず、もしかしたらこのままいくかもしれません。 ヘアーグラス(マツバイ)の鉢です。余ってたクレナタを入れてみました。クレナタ ウォータークローバーは屋外でもまったく問題なく越冬します。 氷漬けのせいで、ドワーフフロッグビットが矮小化してしまい、ついにウキクササイズになってしまいました。気温が上がってきても成長がのんびりです。 小さいのがアオウキクサ、少し大きくて葉の先が尖ってるのがウキクサ、中央の丸い葉っぱがドワーフフロッグビットです。 やっぱりグロッソスティグマの生き残りだったらしい草。グロッソスティグマは少しずつ伸びています。グロッソを枯らしてしまう人から育てる人に変わりたい。 春の睡蓮鉢は、いつも水面にホコリがたくさん。掬っても掬っても残るので、ホコリだらけの水面が嫌になったら、多めの水足しで溢れさせてホコリごと…
おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編