投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

種から育てるヒツジグサ 2 (実生の睡蓮)春の植え替え、初めての蕾と開花まで

イメージ
日本の温帯睡蓮「ヒツジグサ」を種から育ててみましょう。2011年、ヒツジグサを種から育ててみることにしました。最初の2年間は同じ鉢で植え替えもせず、屋外のプラ舟に入れたまま見守っていました。2度目の冬も終わり、2013年の春、根の状態も気になったので、植え替えをしてみることにしました。前回:種から育てる未草 種から育てる未草 受粉から発芽まで 広告
2013年、根茎は1cmあればいいほう。植え替えの時に、よく育っていた3つを選びました。3年目はまだまだ小さいです。 2つの鉢、10株くらいの中から良いものを選ぼうと思っていたのですが、 冬の間、家族が「何にも入ってない鉢だから〜」とヒツジグサの鉢の1つをプラ舟の外に出すという余計なことをしやがりました(怒💢)。鉢が外に出してあるなんて思ってもいないので、ガラス越しに見てもまったく気づかず、気づいた時は完全に枯れていました。良く育ってたほうの鉢でした。😭なので、本来はもう少し大きくなっていたのかもしれません。植え替え手順に関しては下のページをご覧ください。関連記事:ビオトープの作り方 睡蓮の植え替え さすがに3年目は葉も大きく育ちます。暖かくなって元気そうです。 6月下旬にはプラ舟を覆う勢いで葉っぱが広がりました。 8月になると、蕾も何度か上がってきましたが、形がいびつですね。 開花のためのエネルギーが足りなかったみたいで、蕾のまま枯れていく感じでした。2013年も花は咲きませんでした。ううう… 2014年、プラ舟もあまり大きくないので、1つに絞ることにしました。かなり大きく育ってます。この中の一番大きいものを1つだけ残して、他は欲しいという方の元に。広い池があったら全部育てたかったけど。 それから2019年に至るまで、この株を育てています。 睡蓮鉢全体の調子も良くて、普通に大きな葉をつけるようになりました。 ついに3年目にして開花しました。2011年の春に種から育て始めて、2014年で初めて花が咲きました。茎が伸びすぎてちょっとクタッと寝ているのですが花自体は綺麗に咲きました 茶色の手を持つ(植物を枯らす)ワタクシ、少しだけ自信がつきました。 広告
2015年、ここから下はおまけの成長記録です。すでに芽が出ていたので、すぐに植え替え。 2015年もいい感じですね。元気そうです。 お花も次々に咲きました。ただ、初日のお花を見逃すことが多かった…

ビオ日誌 2018年04月まとめ 成長遅めのフロッグビットと成長早めのヤエオモダカ

イメージ
氷で幕開けの2018年、ようやく春の訪れを感じます。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)マツモとアナカリスだけが元気な睡蓮鉢です。メダカとミナミヌマエビも元気です。睡蓮用のプラの鉢が見当たらないので、去年使った小さな睡蓮鉢をそのまま入れてます。Twitterとかで見る皆さんの画像が青々してて羨ましい……。そして、ワタクシ、腰痛持ちになってしまったかもしれません。最近、怖くてあまり重い物を持つ作業ができません。😭

種から育てるヒツジグサ 1(実生の睡蓮)受粉と実の成長、種の発芽から初めての越冬まで

イメージ
日本の温帯睡蓮「ヒツジグサ(未草)」を種から育ててみましょう。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)2007年、日本の自生種「ヒツジグサ」を購入しました。1年目は花が咲かず、翌年は睡蓮の育て方を参考に手を加えたら花が咲くようになり、我が家のビオトープの唯一のお花みたいな感じで愛でてました。毎年植え替えするたびに順調に成長している根茎を確認して喜んでました。関連記事:ヒツジグサ ビオの水生植物 2010年には、もう少し大きめの容器で根を伸ばしてもらおうと思い、プラの洗面器に植え替えました。が、底穴がないというのがこんな失敗に結びつくとは!2011年3月11日の大震災の後、色んなことで気持ちに余裕がなくて水足しを忘れてました。ヒツジグサの鉢(洗面器)のふちが水面より出てしまい、暖かくなってたのであっという間に(時間の猶予はあったはずですが、その時はそんな感覚でした)土が乾燥して、ヒツジグサも乾燥して……毎年ゆっくり成長していた根茎をすっかり枯らしてしまいました。 広告
ヒツジグサの受粉から種ができるまで。311震災の年、5月も過ぎてからようやくプラ舟をリセット。底をよく見るとヒツジグサの種がいっぱい落ちてます。植物を育てるのはどちらかというと苦手で、いろんなものを枯らしてしまった過去があるので、あまり自信がありませんでしたが、残された道はこれしかありません。2011年は種から育てることに挑戦してみました。うちでは花は1度に1つしか咲かないことも多いので、自家受粉のようです。 花が終わってから少し経つとこんな感じになります。 中には丸い実ができています。そのまま放置します。 しばらくすると、種が弾け飛んでます。その瞬間を見ていないので弾けるのかどうかわかりませんが、見た目からそんな印象を受けますね。実際はどうなんだろう? アマゾン ペット用品ストア
ヒツジグサの種は袋に包まれて浮かんでいます。種が飛んだのを知らないと、ある日突然、水面に変なものが浮いててびっくりします。最初見たときは、なんか気持ち悪〜いと思いながら救って捨ててました。💦 半透明の袋みたいなものに包まれています。沈まずに流れて遠くに広がるためなんでしょうね。この状態の時に集めておくと楽です。種は春まで水に浸けておきます。 この時に気づかないと、外側の袋がなくなって、いつの間にか底に沈んでしまいます。 広告
2011年の春、ヒツジグサの…

時々アマゾン柄「アマゾンフロッグビット/ドワーフフロッグビット」ビオトープの水生植物

イメージ
🍀 名前はドワーフ アマゾンフロッグビットです。

フロッグビットです。
ピ(pi)ットではなくビ(bi)ットです。
以前、英語名を調べていて気がつきました。もともとはfrog's-bitから来ています。frog's-bitはヨーロッパのトチカガミのこと。

最近は大きめのアマゾンフロッグビットと区別しやすくするためか、ドワーフフロッグビットという名前で販売されています。アマゾンフロッグビットはカエルがのったらちょうどいい感じのサイズですが、こちらは小型です。大きくなっても丸い葉っぱの直径が2cmくらい。浮かべておくだけで水面を覆うほど増えるので、ビオトープでの育て方といったものは特にありません。小さいウキクサやアオウキクサが一緒だと大きさのコントラストが素敵です。


学 名:Limnobium laevigatum "limne"
英語名:Amazon Frogbit, South American spongeplant
中文名:圓心萍、豹紋蘋果蓮
日本名:アマゾントチカガミ(アマゾン鼈鏡)


フロッグビットの仲間

[AD] charm 楽天市場店





浮かべておくと、こんな感じでランナーを出してその先に新しい葉が開いて、どんどん増えていきます。夏になると増えすぎて間引く必要が出てきます。捨てる時は土に埋めるか、燃えるゴミとして捨てて、川などには流さないでください。本来日本に自生していない植物が大繁殖して取り除けなくなると、ボタンウキクサみたいに育てるのすら禁止になってしまいます。





気温によりますが、冬になると元気がなくなってきます。最初に育てたドワーフフロッグビットは頂き物だったのですが、これが恐ろしい耐寒性を発揮しまして、氷漬けになっても生きてました。アマゾンと名前に付いていますが、寒さにも比較的強いようです。関東なら、12月頃に数さえ多めに残っていれば何もしなくても越冬します。





過去に一度、越冬できずに枯らしてしまったことがあります。2018年には何度か氷付けになっても生き残っていましたが、春先には数が激減し、目に見える範囲で5個以下になりました。サイズも小さなウキクサと同じくらいに矮小化しました。この時にウキクサと間違って捨てなければ、また大きく育つので問題ありません。

連日氷が張ったり、雪が降るようなところでは屋外での…
おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編