投稿

8月, 2016の投稿を表示しています

はじめてのビオトープからの5年間 2007-2011

イメージ
🍀 はじめてのビオトープからの5年間 2007-2011 (・ω・)ノ

デジタルデータってよく間違って消しちゃうんですよね。初期のビオトープの写真はほとんどありませんが、5年間分をまとめてみました。これまでに大きな変化が2度、1つは個人的なことで「引越し」、もう1つは「大地震」。その大地震の年までを一区切りにして振り返ります。



デンジソウの仲間 🍀

[AD] charm 楽天市場店



2007



2007年:初ビオ!気合を入れて巨大流木を入れてみたりしました。

初めて買った睡蓮鉢。巨大流木を入れて、流木にはモス活着。奥は盛りソイルに各種セキショウ、頂いたアサザも入ってます。そして浮草は禁断の「ヒメボタンウキクサ」……かもしれません。

ヒメボタンウキクサって、ウォーターレタスの矮小化したものなんですが、「特定外来生物」に指定された後もヤフオクで販売している人がいたんですよね。ウォーターレタスとは見た目も名前も違ってたので知らずに落札してしまいました。もちろん今は育てていません。しかし、この睡蓮鉢は設置から数日後サッカーボールの直撃を受け悲惨な結果に。





ホームセンターでプラ舟40(現在のプラ舟30)を衝動買い。駅前園芸店で水辺の植物が入荷してたのであれもこれもと購入。トクサ、ヒメトクサ、ウォーターマッシュルーム、ミニシペラス、ベニフヒメアシ、他にもいろいろ詰め込んでました。睡蓮は日本自生のヒツジグサを導入。しかし、狭い中であれもこれもと詰め込むと淘汰されてしまうのだということも学びました。

北側のベランダで、初夏から秋にかけての昼間数時間しか陽が当たらず、ちゃんと育つか心配でしたが、日照時間による問題はそんなにありませんでした。とにかく育ててみたい植物ばかり。WOODPROさんのサイズの合ってないシステムプランターで横と前面だけ覆ってました。




[AD] charm 楽天市場店


2008

ビオ日誌 08月20日 ヤエオモダカさんのボンボン可愛い〜💕

イメージ
🍀 ベランダビオトープ 観察日誌 2016年08月20日 (・ω・)ノ

湿度90%の中、久しぶりに睡蓮鉢の整理をしました。アマゾンフロッグビットやマツモをきっちり分けてみたりw 底にも陽が当たるようにウキクサとアオウキクサを出来るだけ排除して別容器に移動。ヒツジグサのお花は今年はあきらめました。来年は肥料を新しくしてみるつもりです。



ほっこり、ハイドロカルチャー

[AD] charm 楽天市場店





あれ……メダカ激減??? してしまいました???

アオウキクサを取り除いて中が見えるようになったら、メダカの数がかなり減ってることに気付きました。寿命でないとしたら、気温の乱高下で弱って死んだのかも。目で見た感じ15匹くらしかいません。春先には過密というくらいワラワラいたので、今年はあえて採卵せず稚魚も増やさないと決めてたのですが、少し焦ってます。





ワイヤーラックを睡蓮鉢の縁にかけてポットを置く方法は……

オモダカのポットからは根が水中に伸びまくって、その根がラックにも絡まりポットが動かせなくなってます。水面が少し狭くなる気もしますが、レンガで高さ調節をしなくても良いし、水中に鉢を置くよりは楽かもしれません。そのオモダカですが、また花が咲きました。今度は白く開いた状態で撮影。ほんのりピンクなんですよね。





ちょっと早めだけど、そろそろ越冬のことを考え始めてます。

初夏にちょっとしたミスでキューバパールグラスを枯らしてしまったので、この冬、室内水槽で育てる水草はノチドメかショートヘアーグラスにしてみようかなと思ってます。ヘアーグラス水槽ってずっと憧れだったんですよね〜。ショートヘアーグラスはガラス容器にソイルを入れて植えてただけですが、特に枯れることもなくこんな状態です。
クレナタウォータークローバーの越冬もどうしたらいいか迷ってます。水中葉化するとグロッソみたいな葉を展開するんですよね。水上葉は切り取って根だけ植えても再生するみたいなので、こちらもやってみますか。





活着させたいウィローモスと、懲りずにロタラの水上葉化。

ウィローモスは枯れて処分したはずが、プラ容器に1本見つけたので、そのまま放置で増やしてました。活着できるくらいの量に増えたのでなんとかしようと思ってます。今年のロタラはあまり育たなかったのですが、またまた水上葉で育ててみます。






広告









おすすめコンテンツ




おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編