投稿

5月, 2020の投稿を表示しています

赤くなってひときわ目立つ「ミズユキノシタ」ビオトープの水生植物

イメージ
金魚タライに入れちゃった痛恨のミス💦💦こんにちは (๑′ᴗ‵๑)何か違う水草が育てたかったのと、名前に惹かれてビオを始めたばかりの頃に買ってみました。そしてなんとなく寂しかった金魚タライの中にとりあえず入れたのですが…金魚も飼い始めたばかりで何も知らなかったのです…。食い散らかされることになろうとは! ちなみに上の写真は水上葉です。 学 名:Ludwigia ovalis
英語名:Ludwigia ovalis
中文名:卵葉丁香蓼
日本名:ミズユキノシタ これしか写真がないから水上葉が溶けた後、金魚につつかれ、後不明。失敗したんでしょうね…。よく育てば下のようになるみたい。赤くて綺麗ですね。水中でたなびく真紅のミズユキノシタ。テープ状のミクリとミズハコベが淡い黄緑色なので、赤がより引き立つ。 pic.twitter.com/oCom0ylXo6— かれっくす (@Carex_minima) June 16, 2014 見極めポイントは葉が対生が互生かのようですね。対生がアメリカミズユキノシタ、互生が日本のミズユキノシタ。アメリカミズユキノシタは生態系被害防止外来種だそうです。なんだこの表面張力‼️
ミズユキノシタLudwigia ovalis、九州は探せばあるよね😃

葉が対生だとアメリカミズユキノシタとかだよね❓ pic.twitter.com/UwK2nz7k8Y— 山下智道 (@herbtomo0901) August 9, 2019 お花。ミズユキノシタが咲いたぞ!
控えめな可愛さ…100てん… pic.twitter.com/dysuTgGQ0m— 狛狗 (@kuroikoke) August 6, 2019 ミズユキノシタを愛でてる方はたくさんいらっしゃるのですね。下はルドウィジア属の植物です。
[PR] charm 楽天市場店 Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順

ビオトープFAQ:猫や鳥はメダカを襲って食べますか?イタズラは?

イメージ
猫はメダカを襲いません……と思います。うちで飼っていた猫と、野良猫親子の、全サンプル数3ですが、メダカを襲って食べようとしたのを見たことがありません。実家の庭の池で金魚を飼ってた時は、野良猫に全滅させられたことがあります。猫はメダカを餌として認識してないようです。小さな虫は追いかけて遊びますが、わざわざ水の中に手を入れて小さなメダカを取ろうとしたりはしませんでした。水に手をつけて水を飲むといった動作はしますが、メダカを追いかけ回してる動作はみたことがありません。 広告
ビオトープって生物のための場所、猫にもとっても同じ。もともとビオトープを作る目的って、豊かな自然環境や生態系を維持するためですよね。メダカの睡蓮鉢では、そのほんの一部分を切り取った自己満足になってますが、猫の水飲みくらいは大目に見て欲しいです。猫嫌いの方にまで無理強いする気はないし、猫が近寄ってくると糞の被害もあるんでしょうけど、ビオトープの目的から言えば、猫の水飲みは大歓迎です。鳥はメダカを襲うかもしれません。野鳥の水鳥が小魚を狙って食べているのをよく見かけます。動作もとても素早いです。 残念ながら睡蓮鉢が私の部屋からは見えない場所においてあるので、決定的な瞬間を見たことはありませんが、よく鳥の羽が落ちてるし(水浴びをしてる?)、悠々と水面を泳いでた白メダカが翌日には屍体もなく消えてしまったことがあります。野鳥がメダカを襲って食べている可能性はあります。実際にメダカを捕食するシーンを動画で紹介しているブログがありましたのでリンクしておきますね。外部リンク:米子水鳥公園:コサギのメダカ捕りの妙技!メダカや金魚を野鳥から防ぐには鳥にだって、できれば水浴びをさせてやりたいところですが、目をつけられると何度も来てメダカを食べてしまうので、ちょくちょく来るようになったら網を置くのがいいですね。いきなりメダカの数が減ったり、鳥の羽が落ちてたりしたら、網を掛けてみましょう。100円ショップのワイヤーネットを抽水植物を避けるように載せるだけです。見た目にこだわる方は自作で工夫してください。専用網の用意された飼育容器もあります。
[PR] charm 楽天市場店 金魚の場合は猫に注意!大きくて目立つせいか、金魚に手を出す猫は多いように思います。昔、うちの庭で飼ってた金魚も野良猫に全滅させられました。金網を張ってましたが器…

ビオ日誌 2020年5月まとめ やはりチドメグサだそうで…

イメージ
枯れ気味だったフロッグビットが元気になってきました。こんにちは (๑′ᴗ‵๑) 我が家の睡蓮鉢は日当たりがあまり良くない場所にあるけど、やっと枯れ気味だったフロッグビットの色が鮮やかになってきました。今年はアオウキクサを混ぜないぞ!…と。前回のビオ日誌:2020年04月まとめ 今年の睡蓮鉢とその周辺
charm 楽天市場店 5月12日、チドメグサとミゾカクシも成長のんびり。鉢の外にランナーを伸ばしてます。鉢内でこんもり育って欲しいのですが…💦 ミゾカクシはようやくここまで。ミゾカクシってここまで濡れてて大丈夫なのかな。夏には涼しげなお花を咲かせるらしいので、頑張って欲しいです。 むしって放り込んでたフィランサス フルイタンスは根が出てきて浮草っぽくなってきました。繊細な見た目に反して丈夫な草です。 カナリークサヨシは変化なし。どう育てたらいいのか…。芽が出た後、かわいい感じでモサモサになってます。ここから間引いたほうがいいのかな。乾燥を好むっていうので水やりを控えていたら一部枯れ気味になって慌てて水をかけたり、行き当たりばったりで育ててます。この時点で間引いたほうが良かったみたいです。密集してたため、後でアブラムシが…。 種を蒔いたら知らない植物が混じってたアルアル。ヤエムグラかな? レストラン等の休業で行き場を失って無料で配ってたミント類。コロナ禍はいろんな方面に影響を及ぼしてますね。きれいに摘んでパッケージされてたペパーミントとスペアミントをもらってきました。さすがに個人では使い切れない量で残ってしまい、水耕栽培を始めてみました。冷蔵庫に数日入れてた後なので、スペアミントは黒くなってしまいましたが、ペパーミントは丈夫で根を出してピンピンしてたので植え替えてみました。土は水生植物に使ったリサイクル。 個人的にはアップルミントの見た目が好きです。水生植物のおかげで植物を枯らさず育てられるように成長した現在薄茶色の手のワタクシ、次はハーブ類を育ててみたいです。以下が全体図、代わり映えしないー💦 Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順 広告
おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編