投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

丸い葉っぱを浮かべるだけ「トチカガミ」ビオトープの水生植物

イメージ
スッポンという意味の「鼈(トチ)」という字が絶対書けない💦丸い葉っぱが可愛い浮遊性の水性植物。アマゾンフロッグビットが巨大になったみたいな感じでしょうか。実際、アマゾンフロッグビットは別名アマゾントチカガミと言うそうです。春になって越冬芽から葉と根が出ていたので、根っこの部分を植えてみたんですが、そんなの必要ないよ!という感じに浮いちゃってます。後でわかりましたが、本当に植える必要はありませんでした。浮かべるだけでOKです。当時は育て方を載せているサイトがほとんどなかったんですよね。 学 名:Hydrocharis dubia
英語名:アジアの植物なので特にありません
中文名:水鱉
日本名:トチカガミ(水鼈) 広告
トチカガミもある程度の日光は必要みたいです。というのも、日当たりのイマイチなうちではあまり元気に育たなかったからです。もちろん花も咲きませんでした。秋になると葉っぱも黄変して溶けるように枯れていきます。 トチカガミは、尖った筒のような冬芽を水底に落として越冬します。取り出して撮影してみました。真ん中に付いてる筒のような部分がポロリとはずれて水の底に落ちて越冬します。常温で越冬できるって楽ですよね。 こちらも似ているけど、夏に成長している時のランナーの先の葉っぱがまだ開いていないところです。 冬芽から育てるのは少し面倒でした。春になると、冬芽から葉や根が出てきます。水底から拾ってみたら成長を始めていました。リセットの時に間違って捨てないようにしてください。 さらに成長するとこんな感じ。この後、葉っぱがたくさん出てくるんだと思いますが、うちではちょっと元気がなかった感じです。 うちでは咲かなかったトチカガミの花ですが、アナカリスの花に似てます。見た目は全然違いますが、アナカリスはトチカガミ科の植物だそうです。
[PR] charm 楽天市場店 日当たりが良ければ浮かべてるだけで育つはず。やはり日当たりがイマイチだったせいだと思うんですよね。他に浮草類が多くて養分の取り合いで負けていたのかもしれません。葉の大きさがヒツジグサとほぼ同じで、狭いプラ舟では両方ってわけにもいかず、やはりヒツジグサを残すことにしました。育てていた期間は2〜3年くらいだったかな。昔すぎて綺麗な写真がないのが残念です。こちらは、葉を浮かべる似た感じの水生植物です。
[PR] charm 楽天市場店

タイニムファ(熱帯睡蓮) ビオトープの水生植物

イメージ
🍀 昔、水草水槽用の赤系水草として売ってました。

熱帯魚水槽用に買った根茎付き睡蓮です。今ほど水草の種類が多くなかった頃、水槽に赤系の水草を増やしたいという場合に、ニムファ(睡蓮)の赤い水中葉を利用していました。今でも販売しています。水中で芽がでると、写真のような感じでふんわりしてます。タイニムファって名前の通り、タイあたりから輸入した睡蓮の株で、個体名は特にありません。

睡蓮だから花を咲かせたいという方は当時もいまして、私も真似して初夏から小さいな睡蓮鉢に放り込んでみることにしました。夏の気温と太陽光のおかげで、ものすごい丈夫そうな大きい浮葉が沢山育ち、小さな睡蓮鉢からははみ出すほど。葉っぱの色は深めの緑に紫がかった感じの、いかにもな熱帯風でした(残念ながら写真はなし)。で、結局花は見ることができませんでした。


学 名:
英語名:Nymphaea
中文名:睡蓮
日本名:タイニムファ


熱帯睡蓮の仲間。

[AD] charm 楽天市場店





夏場は外で、秋から春までは熱帯魚水槽に転がしておくという感じで、花は咲かなかったけど随分長持ちしました。メダカの無加温水槽(室内)に入れてたら、春先に株が溶けて完全に消滅してました。小さめなジャガイモくらいの株だったのに、それが消えてなくなってたので驚きました。やはり加温水槽じゃないとダメだったみたい。

最近、熱帯睡蓮が屋外でも越冬したという方の話も時々聞きますが、環境が良いのかな〜。深めの池の泥の中は意外と暖かいのかもしれませんね。




広告

総合旅行予約サイトの楽天トラベル







おすすめコンテンツ







ベランダビオトープ 観察日誌


ウォーターマッシュルーム ウチワゼニクサ(団扇銭草) ビオトープの水生植物

イメージ
ウォータークローバーと人気を二分する可愛い水生植物。水中で育てても水上で育てても可愛い草です。といってもうちの場合は最初は勢力争いに負けました。そして再度購入。ポットで届いたものをそのまま入れてただけなんですけど、増えまくって困るくらいでした。越冬は鉢植えのまま水につけて放置してましたが問題なく再生。 学 名:Hydrocotyle verticillata var. triradiata
英語名:Water Pennywort
中文名:銅錢草
日本名:ウチワゼニクサ(団扇銭草) 広告
お花屋さんやホームセンターでもわりと見かけます。北米原産ですが、日本でもなんの苦労もなく増えまくるので、わりとどこでも売ってます。安いです。簡単です。増えたら分けて(ブチッと切れてもOK)、鉢に土と一緒に突っ込んで水の中に置くだけで根付いて葉っぱが出てきます。 完全に水没するより、葉は水上に出ているほうが元気で生育も早い気がするので高さは調節してください。土は赤玉土でもソイルでもOKです。肥料入りのソイルだと簡単ですね。 チドメグサの仲間。

[PR] charm 楽天市場店 ウォーターマッシュルームの花。ある日、つぼみが…… ウォーターマッシュルームのお花です。 花がとても小さくてピントがなかなか合いませんでした。 2016年はなぜか花が咲きまくりました。肥料のせいなのかな〜。 丈夫でよく増えるけど、白化することも。肥料か日光の不足かな? 白化して枯れることもあります。寒くても枯れてきます。 あまりの殖え方に少し持て余してしまい、うちでは2016年で終了しました。同じチドメグサ属の水草は皆それぞれ可愛いのですが、私はアマゾンチドメグサやノチドメのほうが好きかな〜。Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順

ウィローモス(水生コケ) ビオトープの水生植物

イメージ
自然な水景に、あると便利なウィローモスこんにちは (๑′ᴗ‵๑)ウィローモスにはいろいろな種類が流通しているそうで、学名がはっきりしません。アクアリウム(水草水草)を始めると、必ず流木にウィローモスを活着させようとするのがお約束ですが、以前と違って、今はウィローモス活着済みの流木をはじめ、バラエティに富んだモス付きの水槽アクセサリーが販売されています。 見た目は地味ですが、日陰だろうと低水温だろうと枯れもせず、屋外でも越冬してくれるし、初心者向きのコケだと思います。 学 名:Hypnales
英語名:Java moss
中文名:觀賞用墨絲 爪哇莫丝
日本名:ウィローモス 広告
ウィローモスの増やし方と活着の仕方。この写真のウィローモスも、たまたま見つけた1本から、ほぼ放置で増やしました。よほど劣悪な環境じゃない限り、どんどん伸びます。 こんなガラス容器の中に入れて放置してても増えます。水の汚れが目立ってきたら、カルキ抜きした水を上から注いで溢れさせ、汚れを一緒に流します。夏は汚れるより水が減るほうが早いかも。苔むした…みたいな雰囲気を作るのに、ウィローモスは便利で楽チンです。
[PR] charm 楽天市場店 放置してるとあらゆる所に引っ付いてしまうので注意。流木や石に活着させる時は、伸びた部分をカット(トリミング)して、新たに流木に巻きつけて増やしていきます。 トリミングしたウィローモスは、ハサミで1cm〜2cmに切って、それを石や流木にペタペタとくっつけます。あとは剥がれないように糸やテグスでぐるぐる巻きにします。あまり慎重にならなくてもOK。適当な作業でもちゃんと伸びてきます。丸いドーム状に作りたいときは、2号くらいの素焼き鉢にネットでくっつけるとモスドームの出来上がりです。睡蓮鉢やプラ舟の壁面にもくっついて伸びていきます。こすってもなかなか取れなかったりします。あまり放置しすぎると下のほうのモスが枯れて汚くなってしまうので、適度にトリミングしたほうがいいのですが、水中でカットして浮遊するとまためんどくさいので、流木など取り出せるものに活着してください。 広告
うちに現れた謎のコケ???過去に、睡蓮鉢に入れてた植物の鉢に苔が生えたことがありまして、その部分を石の上に載せてみたりして遊んだことがありました。これもウィローモスだったのかな(水上葉?)。謎なのはそこに生え…
おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編