投稿

2014の投稿を表示しています

キューバパールグラス 水上葉→水中葉 12月まとめ

イメージ
🍀 キューバパールグラス 観察日誌 2014年12月まとめ 🍀

12月4日、キューバパールグラスの水槽にミナミヌマエビを投入しました。
水はまだ白っぽく濁ってますが、枯葉のお手入れのためにエビを入れました。



パールグラスの仲間

[AD] charm 楽天市場店





ニューアール180にテトラマイクロフィルター設置!

水を循環させてなんとか白濁を取り除こうとフィルターを入れることにしました。といっても、4リットルの水槽なので、とにかく小さなものという条件で探しました。投入翌日にはかなりピカピカの透明の水に。一応、小さいながらも活性炭が入っているので吸着してくれたのでしょうか。


水中葉化の続き ▶︎ ベランダビオトープ 観察日誌 2015年01月Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順

ベランダビオトープ 観察日誌 12月 な、何故かリセット!

イメージ
🍀 ベランダビオトープ 観察日誌 2014年12月まとめ (・ω・)ノ 🍀

12月2日、なんか汚れすぎているな〜と掃除……のつもりが、発泡スチロールビオを畳んでしまいました(?!) 作業をしていたらそういうことになってしまいました! 多分人間目線ですごく汚れていたんだと思う……。




[AD] charm 楽天市場店





楊貴妃の子メダカがいっぱい育ったかもしれない。

右上のクロメダカは背骨が曲がっているかもしれませんね。狭いベランダなので、稚魚が増える前は睡蓮鉢1個と決めてたのですが、チャームでのお買い物の時にもらった発泡スチロール箱があったので、つい……増えすぎた水草を入れておいたら稚魚も増殖してしまいました。発泡スチロール箱の生体は、畳むに畳めずにいる室内水槽(無加温)に全部引越し。場当たり対応で泣ける。





今年のミナミヌマエビは青っぽい黒です。

同じ種類のミナミヌマエビの外見がいろいろ変わります。彼らはキューバパールグラス水槽のお掃除部隊となって働いてもらいます。


水中葉化の続き ▶︎ キューバパールグラス 観察日誌 2014年12月





冬の屋外の睡蓮鉢の様子。一部は冬枯れ……。

アマゾンフロッグビットは越冬できそうですね。それにしてもアマゾン何チャラという名前の割に耐寒性があります(最近はアマゾンを外してドワーフフロッグビットという名前で販売されていますが)。関東以西では10月でも夏日になったりするので、比較的楽に越冬できます。絶対に屋外には捨てないでね!という種類ですね。ボタンウキクサみたいに育てられなくなったら悲しいです。





コリドラス水槽は相変わらずです。熱帯魚水槽をやめる決心をしてから魚は増やさず、今いるチビコリとブリジッタエちゃんで終わりにする予定です。段々さみしい水槽になってます。時々ブリジッタエを増やしたくなって、決心が揺らぎそうになりますが、色々考えて我慢してます。 Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順

チャーム 形状お任せ ブランチ流木 プチ

イメージ
こんにちは(・∀・)

* チャーム 形状お任せ ブランチ流木 プチ


— グリーンロタラがショボくて悲しい。

ズボラであきらめたとは言え、水草水槽に憧れてアクアを始めた過去を持っているもので、キューバパールグラスの水槽に枝流木を入れてみたかったんです! そこで見かけた「形状お任せ ブランチ流木 プチ」。
これは賭け、賭けに770円は庶民の財布には痛い……でも買ってみました。


— こんなのが届きました。770円也。(ヽ´ω`)

固くてしっかりしているので、枝流木の質としてはいいのではないかと思います。表面の処理もきれいに見えます。が、水槽に入れようとしたら入りませんでした。内寸170mm×110mmですからね。思い切ってカットすることに。


— 3つにカット。

元々、重りとしてライフマルチが付いていたのですが、これを入れると存在感がものすごいので、外して流木だけ入れてみました。一つは浮いたけど、狭いので引っ掛けて固定する感じで入れたのが最初の写真。レイアウトは何も考えていなかったけど、できればカッコイイ水景に近づけたいなー。



プチサイズの枝状流木!形状お任せ ブランチ流木 プチ(1本) 関東当日便
プチサイズの枝状流木!形状お任せ ブランチ流木 プチ(3本) 関東当日便











おすすめコンテンツ







ベランダビオトープ 観察日誌





DAISO(ダイソー) PPシート 0.75mm

イメージ
こんにちは(・∀・)

* DAISO(ダイソー) PPシート 0.75mm



バックスクリーン用に、ガラス窓の目隠しフィルムを買いに行ったら、時期が悪かったのか、すでに廃盤なのか、手に入れることができませんでした。代わりに買ったのが厚めのPPシート。これをカッターでカットして、後ろに置いてるだけです。外掛けフィルターで押さえられてるので、特に接着はしてません。



小型水槽なので、テージーやライオンのPP素材のカラーインデックス(ルーズリーフ用)なんかも使えます。黒が良ければキングジムのSHOT DOCSが使えそう。B5サイズでカバーできるのでA4を買えば十分サイズです。A4以下なので自分でプリントもできますね。











おすすめコンテンツ







ベランダビオトープ 観察日誌





おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編