投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

ビオ日誌 2020年7月まとめ 去年に続き今年も日照時間が不足

イメージ
去年も曇りが続いたお天気ですが、今年は梅雨が長すぎます。こんにちは (๑′ᴗ‵๑) 7月2日、オモダカも伸び始めましたが、日陰を作るほどワサワサには程遠いです。日陰を作るなら5株くらいは植えたいところです(場所ないけど)。その後の7月はほとんど晴れ間がありませんでした。下旬になってようやく青空がのぞく日もありましたが、今後も曇り空が続きそうです。蒸し暑いのが苦手なので、正直暑い夏は大嫌いなのですが、青空で蒸し暑い方がまだマシですね。😭

根っこがメダカの産卵床になる「ホテイアオイ」ビオトープの水生植物

イメージ
直射日光大好き、日に当てとけばわりと元気に育ちます。これ1個あればいいといった失敗のない浮草。花はウォーターヒヤシンスという名前の通り、とても綺麗です。上手に育てるには日光の当たる所に置く、それだけでどんどん増えます。逆に日当たりの悪い場所だと元気をなくしたり、枯れたりします。つやつやした葉が美しく、黒紫の密集した根はメダカの産卵床におすすめ。私が育てていた時は、普通のホテイアオイだけでしたが、今はミニホテイアオイや斑入りホテイアオイなどのバリエーションがあります。 学 名:Eichhornia crassipes
英語名:Water Hyacinth
中文名:布袋蓮
日本名:ホテイアオイ(布袋葵) ホテイソウ(布袋草) 広告
ホテイアオイは冬になったら枯れてしまいます。枯れる原因は気温の低下です。寒さに弱く秋になると葉が枯れてきて、冬の間は茶色の汚い塊で浮かんでいます(冬の間はそのまま捨てなくてもいいです)。完全に枯れると春になっても再生しません。運良く、春先まで、緑色の芯が残っていれば生き返ることもあるかもしれません。シートをかぶせたりして越冬させている方もいるようですが、どこでも売っていて安いので、面倒臭いなら毎年買い直すのが楽です。 ホテイアオイが自然の川で越冬するのは、工場排水などの暖かい水の流れ込んでいて大繁殖しているような場合です。この場合は河川の生態系を壊すなど問題もおきているので、過去に要注意外来生物に指定されたこともあります(現在は生態系被害防止外来種)。ということで、自宅のホテイアオイが増えすぎて捨てる時は、燃えるゴミか、庭の土に埋めるかしてしてください。ホテイアオイの花は意外にもとても綺麗。下の画像は、本薬師寺跡周辺(橿原市城殿町)のホテイアオイです。これ有名ですよね、9月が見ごろらしいです。外部サイト:橿原市/ホテイアオイ開花状況奈良県橿原市にある本薬師寺跡周辺の水田には、毎年7月下旬に水草の一種であるホテイアオイが植え付けられ、8月末から9月頃に花の見頃を迎えます。その花の数はなんと400,000株!花の最盛期、水田一面に紫のホテイアオイが咲く様子は壮観です。 pic.twitter.com/9VHIPcvnTQ— 東雲Travel (@ShinonomeTravel) September 3, 2019 我が家では一度も咲いたことがありませ…

白めだかとの相性最高!「シラサギカヤツリ」ビオトープの水生植物

イメージ
風に揺れると可憐で涼やか、白鷺のような姿の抽水植物。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)写真も更新したかったので何年か振りに購入しました。今回は斑入りの品種「ウィン」です。白い苞(ほう)が涼しそうですよね。シロメダカとの相性が最高です(見た目だけ)。和風テイストなので日本の草かと思いきや、アメリカ生まれ。越冬はそのままでOK、春になるとまた芽が出てきます。真夏と真冬をさけて株分けして増やせます。養分を与えすぎるとびろーんと伸びるそうなので控えめに。 学 名:Rhynchospora colorata
英語名:Star Rush, White Topped
中文名:白鷺莞
日本名:シラサギカヤツリ(白鷺蚊帳吊) シロサギスゲ(白鷺菅) 広告
緑に白が入ると涼しそうに見えますね。この繊細な雰囲気が好きです。ハンゲショウなんかも涼しそうですよね。届いたものは季節的にお花が咲いてましたが、個人的には花が咲く前が好みです。 今回は葉の縁も白い斑入りのシラサギカヤツリ。 以前、萼(がく)と書きましたが、白い部分は苞(ほう)と言うそうです。花の根元につく葉っぱのことです。花は、白い部分の中心にツブツブしたものがありますよね、そこからチョロチョロと花穂(かすい)というものが出てきます。お花が終わると茶色になっていきます。 やっぱりカヤツリグサ科の草は睡蓮鉢に合いますね。今回はいつものチャームさんじゃなく、フラワーネット 日本花キ流通さんで購入しました。
[PR] フラワーネット 日本花キ流通(楽天) Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順

和風の演出に最適「トクサ / ミズトクサ / ヒメトクサ」ビオトープの水生植物

イメージ
すらっと上に伸びて和風庭園風。育てるのはとても楽。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)トクサはビオトープを始めた頃に、大小二つ買って育てました。トクサの他に、オオトクサ、ミズトクサ、ヒメトクサ等の種類があります(全部で15種だそうです)。当時買ったのは、ミズトクサとヒメトクサだったのかな?ほぼ何もせず、鉢ごと水に沈めてました。水辺!って感じがしてオススメです。束になって生えていると味わいがあります。ただ、台風が来て結構折れました。越冬に関しては、なにもしなくても春になると芽が出てきます(根がどうなっているかはわからず)。ヒメトクサは背丈が低いのであまり深く沈められません。苔玉みたいな盆栽系に向いてて、プラ舟ではイマイチ存在感が出ませんが寄せ植え的にアレンジするといいのかも。 学 名:Equisetum
英語名:Rough Horsetail, Scouring Rush
中文名:水木賊
日本名:トクサ(砥草、木賊) 広告
トクサとミズトクサの違い。流通しているものはだいたい下の4つだと思います。オオトクサはトクサの中の1品種みたいですね。 オオトクサ(Equisetum hyemale)トクサ(Equisetum hyemale)ミズトクサ(Equisetum fluviatile)ヒメトクサ(Equisetum variegatum)下の写真はショップにあった「トクサ」と「ミズトクサ」です。ミズトクサのほうが華奢で色が明るいので並んでいたら見分けやすいですね。一番上の画像のトクサは公園で撮影したものです。 ツクシの仲間で、土筆(つくし)の胞子嚢そっくりのものができます。これでとんでもないところに増えていくんでしょうね。下の画像はスギナと土筆(スギナの胞子茎)と他の植物の葉っぱです。多分ギシギシの仲間の何か。 地下茎で蔓延るので、庭園みたいに広大な場所ならともかく、家庭のお庭に直接植えるのはやめたほうがいいみたいです。 枯れるとこんな感じです。 Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順
おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編