ユキボウズ / キリンガ・ネモラリス / オオヒメクグ(大姫莎草)ビオトープの水生植物

640x399 金魚の屋外飼育


🍀 無理やり抽水にしてみました。

水辺の植物の中でも湿生植物なので、水に浸す必要はないようです(水鉢に入れて浸しても枯れませんでしたけど、長くもつかどうかは不明)。肥料が多いと間延びしてカッコ悪くなるそうです。そういえばシラサギカヤツリがそうでしたね。白い玉が可愛くて一目惚れでした!



学 名:Kyllinga nemoralis Cyperus kyllingia
英語名:White Kyllinga
中文名:單穗水蜈蚣
日本名:オオヒメクグ(大姫莎草)
園芸名:ユキボウズ(雪坊主)シラタマカヤツリグサ(白玉蚊帳吊草)



涼しげなカヤツリグサの仲間

[AD] charm 楽天市場店




640x399 水生植物 ユキボウズ


見た目はとても可愛いのですが、種の飛び散り方は少々凶悪です。水に浸していたせいかもしれませんが、この白玉はあっという間に茶色っぽくなって種としてボロボロおちて終わってしまいました。そして我が家では冬枯れとともに終了。ということで、1回限りの栽培でした。ベランダだと種の飛び方にも気を使うのですわ〜。ガマの飼育には失敗したけど、ガマの穂をベランダで爆発させるのは危険……。😂


640x399 水生植物 ユキボウズ


流通名がたくさんありますね。私はキリンガ・ネモラリス(ユキボウズ)ってネームプレートが付いてたものを購入しました。自生しているヒメグクという種類はボンボン部分が緑色で、オオヒメクグと区別がつくそうです。

水草を育てていた頃は、時間をかけて育つのを楽しむものだと思ってたんですが、最近は切花のような楽しみ方もいいんじゃないかという気がしています。それはもうビオでもなんでもなくて、ただの水鉢アレンジですが……。プロが育ててお店に並んだ綺麗な状態だけを拝借するというのもアリかなと思っています。ズボラーですから😂



広告










おすすめコンテンツ

容器編 水上葉編
植物編 睡蓮編
メダカ編 金魚編
冬支度 リセット編



ベランダビオトープ 観察日誌

2011年 ビオトープ日誌 2012年 ビオトープ日誌 2013年 ビオトープ日誌 2014年 ビオトープ日誌
2015年 ビオトープ日誌 2016年 ビオトープ日誌 2017年 ビオトープ日誌 2018年 ビオトープ日誌

このブログの人気の投稿

ビオトープFAQ:ビオトープの水が濁って透明になりません。

ビオトープFAQ:水生植物はいつどこで買えるの? ホームセンターでも買えますか?

ビオトープFAQ:プラ舟や睡蓮鉢の底床に砂利や土を敷いたほうがいいですか?

ビオトープは北側の日当たりが悪い場所でもできますか?

フィルターやブクブクは必要ですか?

ビオトープFAQ:いつの間にか睡蓮鉢に小さな貝がいました。取り除いたほうがいいですか?

猫や鳥はメダカを襲って食べますか?

ソーラー噴水や、水中撮影。楽しいビオトープグッズの紹介。

アオミドロ(水綿、青味泥) ビオトープのコケ対策

初心者が日陰でも育てられる水生植物は?