投稿

1月, 2017の投稿を表示しています

カボンバ / ハゴロモモ(羽衣藻) ビオトープの水生植物

イメージ
🍀 ふわふわ優しい金魚藻。

個人的な印象ではカボンバが最も金魚藻らしいイメージです。とはいえ、外来種なので、江戸ではマツモやフサモやキクモが金魚藻だったのでしょうか。近所の小さなペットショップでたまたま見かけて、メダカの稚魚容器に入れようと思い買ってみました。適当に容器に放り込んでいたため越冬できずに消えました。

次に、去年購入したのはチャームさんのハニカムシェルターのカボンバ。これは春から秋まで比較的きれいな状態でもってくれました。寒くなって枯れてきたので、睡蓮鉢の土に植えておきましたが、越冬できるかどうかはわかりません。寒さにも強いらしいので、根が生きてれば春には復活するのかもしれませんが、2017から2018年にかけての冬は寒いので不安。春になったら結果を追記しますね。


学 名:Cabomba caroliniana
英語名:Cabomba
中文名:白花穗蓴
日本名:ハゴロモモ(羽衣藻)フサジュンサイ(房蓴菜)


カボンバとアンブリア

[AD] charm 楽天市場店





よく似た植物にアンブリア(キクモ)という水草がありますが、対生葉になっているほうがカボンバだそうです。上の写真の根元のほうを見ると茎から対称に葉が出ているのがわかりますね。アンブリアは葉が輪生だそうです。キクモは日本の水草で、野生で水上葉になってるのを見かけるので、水上葉で越冬しやすいと思います。



by Andrey Zharkikh

上はソルトレークシティのRed Butte Gardenでのカボンバです。こんな感じにお花が咲くようです。





細い葉っぱの先も丸みを帯びてて、稚魚にも優しそうです。





緑の広がる睡蓮鉢でメダカの上見。

睡蓮鉢の水草が茂って、緑の葉っぱの上を泳ぐメダカやミナミヌマエビの姿が好きです。狭いながらもそんな水景を楽しめたらいいな〜と思っています。2017年はハニカムシェルターのカボンバで楽しみましたが、2018年はまた別なものを試してみたいです。


栽培リストに戻る ▶︎ ビオトープの簡単おすすめ水生植物



広告

アマゾン ペット用品ストア







おすすめコンテンツ






ビオ日誌 01月30日 今年育てる植物(休眠株)を早くも購入〜!

イメージ
🍀 ベランダビオトープ 観察日誌 2017年01月30日 (・ω・)ノ


小春日和を通り越して、ヒートテックを着ていると汗をかくくらいの陽気。越冬がこんなに楽だったのは初めてです。メダカも11匹は確認できました。日の当たる面積も日ごとに増えています。




[AD] charm 楽天市場店





青空が反射してますね。さて、





今年育てる植物を通販で購入、届いたけど……

こんなです。育ててみたかったラセンイです。植え替えに適してるのは8月~9月だそうですが、ポットの中がギチギチな感じなので、少し大きな鉢にそのまま移そうかな。間違って「オオラセンイ」を買ってしまったけど、オオって大? 嫌な予感。😂





YouTubeにこんな動画もあるんですね。ありがたやー





そして、こんなのも。育ててみたかったムチカです。あとはミズキンバイ。どちらもなんだかわからないほど枯れてます。ミズキンバイは狭いベランダでは厳しいかな〜。とりあえず、頑張ってみます。



広告









おすすめコンテンツ







ベランダビオトープ 観察日誌


アナカリス / オオカナダモ(大加奈陀藻) ビオトープの水生植物

イメージ
🍀 文字通り、誰にでも簡単に育てられる水草、アナカリス。

金魚藻という名前はこの手の水草の総称で、中でも丈夫な水草の双璧がマツモとアナカリス(オオカナダモ)です。マツモはちょっと水質が合わなかったりするとパラパラと葉が取れることがありますが、それに比べるとより丈夫な印象です。また、マツモより葉っぱが柔らかいのでメダカへの当たりも柔らかいです。逆に茎は太くて丈夫です。


学 名:Egeria densa
英語名:Brazilian Waterweed
中文名:水蘊草
日本名:オオカナダモ(大カナダ藻)



投げ込むだけでOKの水草

[AD] charm 楽天市場店





上のプラ舟にはマツモとアナカリスが入ってます。手前に入ってるのがアナカリスです。放り込んでおくだけで勝手に増えてくれます。暑さにも寒さにも強く、関東なら屋外に放置してても越冬しますし、日向でも半日陰でも育ちます。水草が育たず困ったらアナカリスでも入れれば、というくらい丈夫です。



by Hörður Kristinsson


ちょっと弱々しいですが、お花が咲くこともあります。うちでも数回咲いたのを見たことあります。シワシワで弱々しい感じの花で、あまり綺麗とは言えませんが、ある日水面に花が咲いてると嬉しくなります。



広告

アマゾン ペット用品ストア








アナカリスとマツモの比較。

上がアナカリス、下がマツモです。マツモの方が葉の先が尖っているので、増えすぎると、メダカが引っかかって進みにくそうにしているのをたまに見かけます。





ミナミヌマエビの足場にも最適。アナカリスは茎の途中何箇所かから白い根を出して、底床に絡みついて固着することがありますが、それほど強力ではありません。ちなみに植えてもいいんですが、鉢植えの植物のような根張りはしません。



栽培リストに戻る ▶︎ ビオトープの簡単おすすめ水生植物






おすすめコンテンツ



おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編