投稿

2015の投稿を表示しています

ビオ日誌 2015年10月まとめ 日当たりが悪くなってきました。

イメージ
10月15日、あああ、日光が足りない〜。こんにちは (๑′ᴗ‵๑)日の当たる時間も短くなり、太陽が傾いたせいで陰になる部分が増えてきました。まだ水草は青々してますが、日の傾きに秋を感じます。今年はヒツジグサがよく咲いたな〜。今までで最多だったと思います。



このページの水草です。

[AD] charm 楽天市場店 10月25日、日なたが手のひら程度のスペースになりました。。浮き葉の形と、たまに虎柄になるのと、日本の冬(東京)でも越冬できたりするので、気に入ってずっとアマゾンフロッグビットばかり育ててます。たまには違う種類も……と思いますが、結局、ドワーフ アマゾンフロッグビットと、ウキクサと、アオウキクサです。これらの浮草類は1〜2度越冬に失敗しています。 フロッグビットは以前、枯れて消えかけた時に、元々の数が少なめでリカバリできなかった経験があるので、10月〜11月は増やすようにしています。春先に1個でも生き残ってれば増やせるので、できるだけ多めに。11月に入ると黄色く変色して枯れ始めます。汚くなったなーと思ってもそのまま放置します。散歩道の途中の、知らないお宅の玄関先にあったマツバイ(ヘアーグラス)のタライを真似したくて25cmの鉢で真似してみたけど、あのワサワサ感が真似できませんでした。うちのはヘアーグラス ショートだったせいもあって雰囲気が違ってたのかな。ヘアーグラス ショートは室内で越冬させてみます。10月07日、現在の水生植物と今後の予定。春まで睡蓮鉢で維持(そのまま) (済)マツモ:育ってます
(済)アナカリス:育ってます
(済)アマフロ:もう少し太ってくれないと越冬きびしい
(済)ウキクサ:殖芽?みたいなものが葉に付いてました
(済)ヒツジグサ:あとは放置、春に種を回収します 春まで屋外で維持 (済)ヤエオモダカ:ヒョロヒョロです、クワイできてるのかな?
(済)アオウキクサ:9月の気候が合ってたみたいで増殖
(済)ウォーターコイン:今から屋外で育つのかなあ
(済)マツバイ:ショートじゃなくて普通のが良かった室内水槽に移動予定 アマゾンチドメ:少し白化して元気がありません
ウォーターバコパ:水中葉でちょっとあるけど、どうしよう
ロタラ類:水中葉のままの越冬は難しいのかな?
キューバパール:水上葉化済み、かなり増えました
ニューラージ:水上葉化済み、これ…

ビオ日誌 2015年09月まとめ シーズンの終わりを感じる涼しさ。

イメージ
こんにちは (๑′ᴗ‵๑)急に雨ばかりの日々になったので、なんだかもう終わり?って雰囲気が漂う9月です。その予感は当たったみたいで、ヒツジグサは9日に咲いた花が最後になりました。暑さも過ぎ去り、9月の後半はみんな調子良かった!この写真には白ちゃん(マザー)の血を引くシロメダカが写っています。その後、白は生まれてないんで、私にとっては貴重な白ちゃん遺伝子のメダカの写真です(クロメダカもほとんど白ちゃん遺伝子入ってるんですけどね)。 ヘアーグラスを育てている稚魚隔離鉢。稚魚隔離用の鉢。ヘアーグラス(マツバイ)モッサモサを目指して始めたんですが、どうもモッサモサって感じには遠かったです。色々雑多に入れてしまって太陽光を遮ってるし。普通に培養土とか使って水上葉で育てたほうが上手くいくのかな〜?





キューバパールグラスとニューラージパールグラスはビッシリ!

キューバパールグラス、25cmの鉢いっぱいに広がりました! この2種類は夏の太陽光と温度を利用すれば誰でも簡単に育てられますね。冬は加温水槽に入れます。多分そのままで越冬は難しいかと。

最初は睡蓮鉢の水中に緑の棚場を作りたくて、その候補として購入してみたんですが、棚場計画はまだ実行に移してません。緑の棚場の上を泳ぐメダカ、というイメージが私の理想です。





水上葉化の続き ▶︎ ベランダビオトープ 観察日誌 2015年10月2015年から新しいカメラに変えたのでそこそこキレイに撮れてます。アクアリウムを始めると、みんな水草や魚をきれいに撮りたくなって、いいカメラを買ってしまうんですよね。私は長い間、コンデジとミラーレスでしたが、今年初めて一眼デビューしました(APS-Cですケド)。ちなみにCanon EOS Kiss X7です。 めんどくさがりなんでオートでJPEG撮って出しですが、メダカもわりときれいに撮れてます。慣れてくると色々な設定を素早くできるようになるのかな?Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順

ビオ日誌 2015年08月まとめ 猛暑日で泣きそう…😭

イメージ
8月まとめこんにちは (๑′ᴗ‵๑)梅雨明けから恐ろしい暑さが続いています。先日、エビが睡蓮の葉の上に居たのを目撃して、同じようなことがあったのいつだっけ、と画像を見たら2010年の猛暑の年でした。ああ、今年は2010年並みの暑さかも……と思ってから既に一週間経過。連続猛暑日熱帯夜が続いています。 広告
連日の猛暑日(35℃以上)で、25cmの睡蓮鉢が茹で上がる〜〜!関東では、冬の寒さより夏の水温上昇の方が心配です。内陸の暑くなる地域で育ててる方が40度でも平気!みたいなことを言ってるのも目にしますが、それ強靭なメダカしか生き残ってないから暑さに堪えられるんじゃ……?メダカより暑さに弱いミナミヌマエビも心配です。ペットボトルの水を凍らせて網の上に置いてみたけど……。 3日後、保冷剤に気休めのバージョンアップ!日向の小さな鉢は、手を入れると温いお湯になってます。すだれで日陰を作ってますが猛暑日続きで気温が高いので、水温=ほぼ気温。毎日打ち水してます。50cmの睡蓮鉢はまだマシですが、保冷剤すら溶けるの早っ! 今までになくヒツジグサの花がよく咲いてくれました。7月は花が咲かず、8月の11日になってようやく再びヒツジグサのつぼみが上がってきました。13日、19日、28日、31日と4回咲きました。ひとつ咲いて、それが枯れると、またつぼみが上がってきて、ひとつ咲くという感じ。 しかし、後で見返してみたら、あまりきれいに花が撮れていません。花弁が多少いじけてるせいもあります。ヒツジグサの花は、萼片4枚(緑っぽい)に花弁8枚〜15枚です。並べてみると、やはり初日に撮った花のほうが雄しべが開いていてきれいですね。夜になって花が閉じると雄しべも丸まって、あとは開かなくなります。雄しべが丸くなっているのは開花2日目以降の写真です。Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順

ビオ日誌 2015年07月まとめ キューバパール順調です。

イメージ
🍀 ベランダビオトープ 観察日誌 7月まとめ (・ω・)ノ

今年はグリーンロタラの水中葉がきれいに育ってくれたと思います。やはり何もないところを泳いでいるよりは緑を背景にしたほうが個人的にはきれいだと思います。水草の間をすり抜けて泳ぐ姿にも癒されますね。右側に少し写ってるのはアマゾンチドメグサ。去年はとても元気でしたが、今年は微妙に白化してます。



這うように育つ水草3種類。

[AD] charm 楽天市場店





7月10日に梅雨明けしてから暑かった7月……。

太陽光がギラッギラしてます。アオウキクサはどんどん増えてますが、その下にあるヘアーグラスはあまり増えてません。日陰になっちゃってるせい? イメージしている状態になるのかな〜? 水草水槽みたいにビッシリ生えて草原風になって欲しいんですが。

ウォーターマッシュルームとヤエオモダカもあまり元気がないというか……。オモダカはちょっと育ちが悪いなあと思っていたら、もう一つ芽が出てきてしまいました。オモダカはランナーでも増えることがあるんですよね。





ミナミヌマエビの稚エビを見つけると嬉しくなります。

写真ではよくわからないけど小さいんですよ〜。1cmあるかな? 日の当たってる睡蓮鉢の壁面を歩いてます。ミナミヌマエビは母エビが孵化まで育ててくれるので、増やすのは難しくありません。水草についたコケをお掃除してくれるのでおすすめです。
水上葉化の続き ▶︎ ベランダビオトープ 観察日誌 2015年09月



広告









おすすめコンテンツ







ベランダビオトープ 観察日誌


ビオ日誌 2015年06月まとめ ヒツジグサの花が咲きました!

イメージ
6月こんにちは (๑′ᴗ‵๑)梅雨時ですが、暖かくなってきたので、植物も成長が速くなりました。この写真では一時的にフロッグビットを取り出してるので、ちょっとスカスカに見えます。フロッグビットは増えすぎると日光を遮ってしまうので、好きな浮草だけど増えすぎて困ることも。根を張って間引きで苦労する水草じゃないからまだマシですけどね〜。 広告
6月10日、消えたかな、と思ってたアオウキクサも復活してました。こんな感じで増えてました。良かった〜。鉢にあったアオウキクサをかき集めて写真を撮ってます。越冬後に完全に消えてしまって「越冬失敗」という事実と向き合うと、やはりツライんですよー。お財布も痛いし(水生植物類でトータルでいくらお金を使ったのか考えると怖いw)。 6月24日、今年はじめてのヒツジグサの花です。きれいに咲きました。睡蓮が咲くとヒツジグサの小さな花であっても睡蓮鉢が華やかになりますね。んー、でも赤とかピンクの温帯睡蓮も育ててみたいな〜と最近は思ってます。色付きでもう少し大きな花弁、きれいだろうなあ〜。 上見で緑を…で、去年から始めた水上葉化と水中葉化。もともと水草水槽に魅了されて始めたアクアリウムなので、ビオトープだけになっても緑の上を泳ぐメダカっていう水景に憧れてます。そこで、半水上葉になる水草の島みたいのが作れないかな〜なんて思い、試しに越冬できそうな水草を数種類購入してみました。ただ、具体的な設計なしで育ててるので、場当たり的に水中葉にしてみたり、水上葉にしてみたりで、未だにコレ!というイメージがありません。 ガラスの容器で水上葉化したロタラが結構育ってきたので、そのまま水中に入れてみました。順調に水中葉が育ってます。今年はこれでいいかな。グリーンロタラと、ロタラ ロトンディフォリアです、多分。ロタラ類、種類が多すぎてわからなくなってしまいましたwAmazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順

ビオ日誌 2015年05月まとめ 水上葉ロタラも成長。

イメージ
5月まとめこんにちは (๑′ᴗ‵๑)5月になると植物も徐々に元気を取り戻してくる感じです。水面には浮草類が増えてきました。右上の葉はミズオジギソウ。可愛い感じだったので買ってみたのですが、これは池用ですね。デカくてゴツイです。勝手にミニサイズだと思い込んでました。通販てコワイ! しかし、早々に枯らしてしまいました。 広告
憧れのヘアーグラス鉢いっぱい!を真似してみます。直径25cmの鉢に室内水槽で越冬したヘアーグラスを植えてみました。これがモサモサ〜になると嬉しいんだけど。去年生まれた稚魚でまだ比較的小さいメダカを入れてみました。どうなるでしょうか。 枯れかけたロタラを挿してたら結構成長してました。春先とはいえ、まだ寒い時期に購入したロタラをラップを掛けて湿度を上げた容器内で育ててましたが、フタをするのを忘れたらいっきに枯れかけてしまいました。仕方なく4月に適当にソイルに挿してたんですが、1ヶ月半くらいでこんな感じに育ちました。 Amazon「水辺の植物」おすすめ Rakuten「水生植物」新着順

ミナミヌマエビの稚エビたち

イメージ
こんにちは(・∀・)

ソイルを入れたら濁りが取れないというのはよく聞きますが、うちの場合は濁ってた水がソイルを入れたら一晩でほぼ透明になりました。なんとなく炭の香りもするし吸着してくれた? ツルツルのガラス面と違って沈んだら再浮遊できないのかも。


— 稚エビばかりなのでしょっちゅう脱皮してます。お腹を上にしています。


— カノコさんにいいかな?と思って買った「テトラ プレコ」人気ですね。


— 順調に伸びています。上に!!

光量足りないし、上に伸びてくれるのでもいいよ〜ん。画像検索で見た上に伸びたグロッソスティグマはなかなかかわいらしい感じでしたし。前景草ということで中央前面に植えたので、上に伸びたら笑える景色になりそうです。



おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編