ビオトープの水が濁って透明になりません。

640x399 プラ舟+システムプランター


睡蓮鉢の設置後、基本は放置でOKです。

毎年リセットして種水(バクテリアの増えている水)も使わず、水道水にカルキ抜きを混ぜただけで始めていますが、メダカの調子が悪くなることもなく、自然にピカーン!と透明な水に変化していきます。一ヶ月くらい放置でいいと思います。ピカーンと透明な状態というのは、メダカ(魚)の排泄物を分解するバクテリアが増えた状態で、普通の水道水とは明らかに見た感じが違います。最初は区別がつかないかもしれませんが、慣れるうちにわかるようになります。

それでも環境の条件などで、どうしても水が透明にならないこともあります。思いつく状態を下に書き出してみました。大抵は濁ってても問題ないのですが、水が泡立ったりトプン…としたきた時、緑色でドローンとした臭い藍藻が出てしまった時は、換水したり手で取ったりしてしてください。



広告




荒木田土で新しいビオトープを立ち上げた直後に濁りがとれない。

仕様です。😂
ビオトープを始めた頃から荒木田土ユーザーの「水の濁りがとれない!」という叫びを何度も目にしてきているので、私は荒木田土は使ったことがありません。根気良く待つと沈殿して透明になるようですが、特に飼育上の目的がない場合は使わなくても良いと思います。濁るのが嫌な方は赤玉土にしてください。

「ビオの土」は粘土状でやはり透明になるまではしばらくかかるようです。市販されている「水生植物の土」は成分のほとんどが赤玉土なので、こちらは濁りがとれるのは早いでしょうね(多分)。

人によって、ある程度落ち着いたら濁りがとれたと感じる方もいますし、スッキリ透明にならないと濁ってると感じる方いるので、同じ商品なのに「数日で落ち着きました」という方もいれば「結局濁りは取れませんでした」という方もいます。



[AD] charm 楽天市場店






ドジョウを入れたら水の濁りがとれない!

仕様です。😂
ドジョウは土に素早く潜ったりしますから、ある程度は仕方ないですよね。荒木田土×ドジョウの場合は諦めましょう。それを我慢できるくらいドジョウ好きにはたまらない魅力があるはず。



[AD] charm 楽天市場店



メダカを入れてしばらくしたら水がなんとなく濁ってきた。

水中の汚れを分解してくれるバクテリアが増えていない初期段階で、メダカの餌の食べ残しや糞で水が汚れている状態です。しはらくするとバクテリアが増えて自然に透明になります。容器が小さく水量が少ない環境で、メダカの数が多い過密飼育でなる時もあります。

心配な時は「テトラ テスト 6 in 1 試験紙」を使ってみましょう。試験紙のピンクが濃い時だけ、カルキ抜きした水道水で少しずつ換水してください。「テトラ テスト 6 in 1 試験紙」はかなりアバウトです。より正確な水質調査キットもあります。うちの場合は水足しはするけど、初期段階で換水することは滅多にありません。



[AD] charm 楽天市場店


biokamujp-0100

biokamujp-0101
どピンクに染まったものをお見せしたかったのですが、意外ときれいでした。


さらに汚れが増えて富栄養化の状態になると、水面に膜が張ったようになったり泡立ってきたりします。ここまできたら半分くらい汲み置き水で換水してください。全換水するとせっかく増えてきたバクテリアがいなくなってしまうので、多くても半分くらいまでで。睡蓮鉢の近くにバケツに汲んだ水を置いて翌日使用すればカルキ抜きと温度合わせが自然にできます。

バクテリアが増えて生物濾過が出来上がれば、水中の養分を消費してくれるホテイアオイ、アナカリス、マツモ、浮草類を入れると効果があります。



水が白濁してなかなか透明にならない。

biokamujp-0102

ビオトープで白濁したと言ってる方の写真を見ると、水槽で起きる白濁化とは少し違うように思います。水槽の白濁は、まさに白い絵の具を薄く溶いて流し入れたような白濁ですが(上の写真)、ビオトープのほうでは水槽と同じような白濁は私の知る限り見たことがありませんし、経験もありません。

白濁化の原因としては、特定のソイルを使用した時や、バクテリアの大量死で死骸が浮遊している時、バクテリアのバランスが崩れている時、などがあります。原因はなかなか特定できませんが、紫外線の殺菌灯をつけると白濁が収まったという話も聞きます。この場合の白濁は太陽光の当たるビオトープでは起きないのではないかと思います。とりあえず、濁り取り系の添加剤などもありますが、あれこれ手をかけずに水が出来上がるのを待つのがいいかなと思います。



[AD] charm 楽天市場店



水が黄色や茶色っぽく濁ってきた。

多分、流木などのアクが出ています。
オシャレなレイアウトを目指して流木を入れた時や、落ち葉をそのままにしていたりすると茶色になります。お茶と同じですね。流木は長期アク抜きすれは大丈夫です。水槽では「ブラックホール」という活性炭を使用したら一晩で水が透明になりましたが、ビオトープでも活性炭は有効だと思います。活性炭はバクテリアが増えていない状態でのアンモニア汚れにも効果があります。

できれば、フィルターを使って、濾材を入れるところに活性炭を入れて、ずっと水を回したほうがいいんですけど、電源がないとそうもいきませんね。どうしても気になるなら、流木を一旦取り出して、別の容器に移して水に浸け、アクが抜けるまで水を交換します。他にもアク抜き方法は色々ありますが、大きな流木だと家庭では煮るのも難しいですし、多少の色は妥協するか、他の流木に変えるか、ある程度は諦めて使いましょう。



[AD] charm 楽天市場店




水が緑色や薄抹茶色に濁ってきた。

biokamujpcom-0014


多分、珪藻類や緑藻類が増えています。
これはそんなに悪い状態ではありません。日当たりが良い場所で富栄養化した水だと青水になりやすいです。よしずやすだれで日陰をつくり、餌を少なめにして、たまに換水して、マツモやアナカリスや浮草類を入れるのが効果的です。緑色に隠れて長〜いアオミドロが増えている可能性もあるので、水中もぐるぐる探って絡まるようなアオミドロがあったら取り出してください。




[AD] charm 楽天市場店


コケ取りや水質浄化のために貝を入れる方も多いのですが、我が家の睡蓮鉢ではサカマキガイがなぜか知らずに増えていくので、わざわざ貝の導入はしていません。人気があるのはヒメタニシ、上級者は二枚貝を入れたりしています。イシマキガイやカノコガイはコケ取りにおススメですが、寒さに弱く冬には弱って死んでしまいます。また、貝類は酸性の水では貝殻が溶けてしまい長生きできません。

アオミドロより濃い深緑色で、ドロッとしていてニオイが臭いのが藍藻(ランソウ)です。こちらもすぐには害はありませんが、見た目が悪いのとニオイが臭いので、もし発生したら、ピンセット等で取り除いてください(ちぎれたりして難しいけど💦)。水草に絡んでたら取り出して、水道水でよく洗って健康そうな部分だけ残します。藍藻を完全になくすのは難しいので、思い切ってリセットするか、春まで待ってリセットします。植物の鉢に入れた肥料が表に出てしまうと藍藻も出やすいので、肥料はしっかり埋めてください。








おすすめコンテンツ

容器編 水上葉編
植物編 睡蓮編
メダカ編 金魚編
冬支度 リセット編