たまに観察方法を変えてみる「ナイトビオトープ」

640 Mini Pond

夕涼みがてら暗い睡蓮鉢を覗いてみては?

上の画像は、台風が来ると言われてた夜間に心配になって見に行った時のものです。雨粒が水面に当たってできた波紋がきれいでした。

その後、水族館でナイトアクアリウムが流行ってからは、たまにLEDランタンを持って夜のビオを見たりしますが、見慣れた景色が暗くなっただけで劇的変化はありません。

 

夜中になるとメダカも底のほうでおやすみしています。

じっとして動きません。

night-20140816-01

写真はランタンで照らしたり、フラッシュを使ったりしていますが、起こしてしまうことも。

1060x660 ビオトープ観察日誌

デジカメで何気なく撮ってもかなり拡大できますね。拡大すると肉眼で見えなかったものや気づかなかったものが見えてくるので助かります。葉っぱの周りのツブツブなんだろ?と拡大すると、小さい気泡みたいです。

night-20160911-01

ライトの色を変えて抽水植物の影を撮ってみたり…イマイチだ。

1060x660 ビオトープ観察日誌

暗いところでも綺麗に撮れるカメラがないとシンドイです…😳

1080 Mini Pond 20160911

夜咲きの熱帯睡蓮でもあればまた違うんでしょうね。

 

 

おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編