風に揺れると涼しげな草「シラサギカヤツリ」ビオトープの水生植物

シラサギカヤツリ シロサギスゲ ビオトープ 水生植物 抽水植物

風に揺れると可憐で涼やか、白鷺のような姿の抽水植物。

こんにちは (๑′ᴗ‵๑)

きれいに撮れた写真がありませんが……。

養分を与えすぎるとびろーんと伸びてカッコ悪くなるそうです。白い苞(ほう)が涼しそうですよね。日本の草かと思いきや、アメリカ生まれ。越冬はそのままでOK、春になるとまた芽が出てきます。シロメダカとの相性(見た目だけ)が最高です。

学 名:Rhynchospora colorata
英語名:Star Rush, White Topped
中文名:白鷺莞
日本名:シラサギカヤツリ(白鷺蚊帳吊) シロサギスゲ(白鷺菅)

以前、萼(がく)と書きましたが、白い部分は苞(ほう)と言うそうです。花の根元につく葉っぱのことです。花は、白い部分の中心にツブツブしたものがありますよね、そこからチョロチョロと花穂(かすい)というものが出てきて、最後には茶色になります。

これももう一度育ててみたい植物です。縦に長いので狭いベランダだと写真が撮りにくいんです。

 

 

おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編