ビオ日誌 2017年10月まとめ 稚魚はみんな屋外の睡蓮鉢に移動完了!

2017-1003-01

ベランダビオトープ 観察日誌 2017年10月03日

あっという間にもう10月です。人には過ごしやすい気候になってきましたが、ビオはだんだん休眠の時期に向かっていますね。去年の日誌で確認すると11月には睡蓮鉢に日光が当たらなくなるので、それまでは残り少ない日差しを満喫したいと思います。

2017年10月03日、

ミナミヌマエビさんにすっかりキレイにしてもらったヒツジグサの鉢。アオミドロが覆ってたとは思えないほどに赤玉土が輝いてます。😂

2017-1003-02

大きめな稚魚から順にこちらの睡蓮鉢に移しています。といっても逃げるのがうまくてなかなか捕まらないのもいて、必ずしも順番通りではないのですが。大きな楊貴妃メダカは稚魚がいる状態に慣れたのか追いかけ回すこともありません。

2017-1003-05

こちらは残っている小さい稚魚たち。その中で1cm未満の稚魚が6匹くらいいるのかな。あんまり小さいのはミニ水槽で室内飼いしようと思います。ベアタンク状態だったので、ヨロヨロのムチカを鉢に植えて入れておきました。

ヤエオモダカはオモダカの中でもランナーでも増えることができるそうで、今年は鉢の外にも小さな葉っぱが育っています。

2017-1003-03

これがオモダカのランナーなのかな? プランターの中に直径5mmくらいの緑色の茎みたいのが伸びてました。

2017-1003-04

2017年10月04日

今日見たら卵が付いてるっぽかったので、ダイソーの調味料入れ(観察容器)に入れて写真を撮ってみました。ダイソーの調味料入れ優秀〜。大人しくなるまで少し待ちますが、(黒系メダカ以外は)背景を黒にするとわかりやすいですね。

1920x1200 Medaka Oryzias latipes

これはマザー白ちゃんの流れを組む(と思う)薄ピンク色の雑種さん。卵が数個取れちゃったんだけどどうしましょう。稚エビがいっぱいのヘアーグラス(マツバイ)の鉢もあるしな〜。そろそろ水槽の用意かな。

1920x1200 Medaka Oryzias latipes

また水草愛が復活してきて、水草を育てたいな〜と思っています。鉢がいっぱい置けるプラ舟に変更したい気も。たまにはレイアウトを変えて気分転換が必要ですよね。とりあえず春までの水槽を立ち上げたいと思います。

1920x1200 Medaka Oryzias latipes

Panasonicのミラーレス×マクロレンズで撮りました。最近のiPhoneはカメラ性能が良くて負けてる気がする 。😂 私のカメラは、下のとはシリーズが少し違うGM1だけど、小さくて屋外に持って行きやすいので気に入ってます。

2017年10月08日

水あわせ中。大きくなった順に、睡蓮鉢に合流してたのですが、最後に残った稚魚たちのうち、本当に極小だった2匹(ギリギリ1cmあるかないか)が、最近の温度変化に耐えられなかったみたいです。残ってた稚魚も冬までにはもう少し成長するだろうと予想して、全部屋外の睡蓮鉢に移しました。あと、先日採った卵は無精卵だったようです。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 1008

たまたまですが、お父さんメダカとお母さんメダカと子供たちみたいなサイズ感になってます。クロメダカはお兄さんですね。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 1008

12日、暑かったです。フロッグビットも増えてきました。今年は何もしないでこのまま冬を越すことになると思います。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 1012

稚エビも育ってるヘアーグラスの鉢です。「いらない水草投げ込み用容器」の中に混じってた(らしい)ウィローモスがわさわさになってて、捨てるのも忍びなくて、こちらの鉢に投げ込んであります。ウィローモスはいいんだけど、右側に緑の毛玉みたいのがあります。アオミドロかな、絡みまくっててコワイ!😂

1920x1200 ビオトープ観察日誌 1012

2017年10月26日

秋も深まってきました。ヤエオモダカはいつもは大きく育った葉っぱがほとんどで、寒くなるとすぐに茶色っぽく汚く枯れていくのですが、今年は小さな葉がいくつもあって、それらが綺麗に黄葉しています。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 1026

日当たりが悪くなってきました。もうすぐ1日中全部日陰…。睡蓮鉢はこんな感じ。だんだん日当たりが悪くなってきました。ミニプランターとの位置を入れ替えれば、もう少し日が当たるので移動も考えてます。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 1026

夏の間、枯れたり、コケがひどかったヘアーグラス(マツバイ)の鉢です。寒くなり日当たりも悪くなってきたら、ピカーンとしてきました。親エビと稚エビがいます。憧れのヘアーグラスのモサモサにはほど遠いですね。来年に期待します。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 1026

↓7月下旬の様子。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 0722

オモダカ、かなりきれいな黄葉になりました。😊

冬を前に、今年も無事夏が越せたことに感謝してます。今年の夏は体調が悪くて寝込んだ日が多く、お世話もなげやりで何かとヒドイ状態でした。植物の復活力はすごいです(消えることも多いのですが)。

1920x1200 ビオトープ観察日誌 1026

今年は室内に入れたのはクレナタ ウォータークローバーだけで、今のところ室内水槽はありません。ミナミヌマエビを机で見てると動きが楽しいんですけどね。部屋も狭くて4リットルの水槽も机の上に置けないので、あとはもうボトルアクアしかないのかも…。

 

 

おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編

このブログの人気の投稿

ビオトープFAQ:ビオトープの水が濁って透明になりません。

ビオトープFAQ:水生植物はいつどこで買えるの? ホームセンターでも買えますか?

ビオトープFAQ:猫や鳥はメダカを襲って食べますか?イタズラは?

ビオトープFAQ:いつの間にか睡蓮鉢に小さな貝がいました。取り除いたほうがいいですか?

ビオトープFAQ:プラ舟や睡蓮鉢の底床に砂利や土を敷いたほうがいいですか?

ビオトープFAQ:ビオトープの藻対策・コケ対策「アオミドロ」あまり気にしない!

観葉植物やハーブ類も意外と水辺で使えます。ビオトープで使える植物

モザイク模様が美しい「ウォーターダイヤ」ビオトープの水生植物

ビオトープFAQ:ビオトープは北側の日当たりが悪い場所でもできますか?

水中に森を作ることが出来る「ロタラの仲間」ビオトープの水生植物