ベランダビオトープの作り方 《メダカ編》 2017年


🍀 メダカの屋外飼育 メダカが泳ぐベランダ池 🍀


640x399 ビオトープ 観察日誌
楊貴妃メダカ


ビオトープと相性のいいメダカとミナミヌマエビ。

スペースに余裕のないベランダビオトープの場合、魚はメダカ一択です。ボウフラ(蚊の子供)対策にもメダカは最適です! 最近、蚊が媒介するデング熱やジカ熱といった日本にはなかった病気が騒がれていますね。蚊の発生でご近所さんから迷惑がられる前にメダカで対策しておきましょう。


640x399 ビオトープ 観察日誌
クロメダカ


基本的なメダカの種類。黒・緋・白・青、楊貴妃・幹之…

最近はメダカも種類が増えてきてますが、私は品種には強い関心がないので、基本の色違い(黒・白・緋・楊貴妃)くらいしか飼ったことがありません。

もともと自然界のクロメダカから突然変異で生まれたヒメダカ・シロメダカ・アオメダカが固定されていたと思います。長いことこの4種類くらいしかありませんでした。その後、体型の変わってるダルマメダカ、ヒカリメダカ、体色が赤く鮮やかな楊貴妃あたりが出てきて、更に銀色に光る幹之(みゆき)メダカが登場したように記憶してます(うろ覚えですが)。その後はどんどん色んな改良メダカが出てきて、覚えきれません。


基本のメダカ (charm 楽天市場店)


初期の改良メダカ (charm 楽天市場店)


最近の改良メダカ (めだか屋 紀の川)




640x399 ビオトープ 観察日誌
シロメダカ


メダカの飼育は簡単そうで難しく、難しそうで簡単?

メダカは、丈夫で多産な個体がいれば何もしなくてもどんどん増えます。よく卵にメチレンブルーとか言われてましたが、屋外の飼育では必要ないように感じます。適当なプラ容器に増えた水草を放り込んで放置してても孵化してるくらいです。場所がないので増やすことに執着がないせいかもしれませんが、十分すぎるくらい増えています。

増やしたい場合は、成魚と生まれたての稚魚を分けてください。でないと成魚に食べられてしまうので。😭 また、水生植物がたくさんあるとどこに産卵したのか見つけにくく、純粋にメダカ飼育だけをしたい方は、卵を産みつけやすいホテイアオイだけとか、人工のタマゴトリーナに、少しの浮草だけといった構成が多いです。タマゴトリーナは100円ショップで売ってる不織布たわしとプールスティックで作るのが基本ですが、皆さんいろいろ工夫されてるようです。

外部リンク:タマゴトリーナの画像


メダカの二世帯住宅

[AD] charm 楽天市場店



640x399 ビオトープの作り方 メダカ


ビオトープでのメダカの育て方。

ブームのおかげでメダカについては説明し尽くされていると思うので割愛します。ビオでのメダカの育て方、と言っても、手を加えるとしたら次のことくらい。

  • 水が減ったら水足しをする(前日にバケツに汲んでおく)
  • 痩せすぎないようにたまに餌やりをする(環境に応じて)
  • 日差しが強ければすだれなどで部分的に日陰をつくる
  • 鳥や猫から守るために金網を置く(猫は大抵水を飲みに来るだけです)

手をかけすぎるよりは、手を抜いたほうが屋外では元気なような……。大きなプラ舟なら、本当に放置してても平気です。




[AD] 総合旅行予約サイトの楽天トラベル



640x399 ビオトープの作り方 ミナミヌマエビ


ミナミヌマエビは植物のお掃除屋さん。

ミナミヌマエビは最初の導入に少し気を遣いますが、水合わせをきちんとすれば大丈夫です。水質に馴染めばかなり丈夫で、メダカより手がかかりません。メダカと共存しつつコケや枯れた水草などを食べてくれます。
上の写真は抱卵しているところ。お母さんミナミが稚エビに育つまでしっかり世話をするので、何もしなくても勝手に増えていきます。

外部サイト:チャーム|水合わせ方法


ミナミヌマエビはメダカに比べると少し暑さに弱いので、風通しをよくしたり、すだれで日陰を作ったり、打ち水したりと、茹であがらないようにしてください。ミナミヌマエビは脱皮をします。初めて見ると死んじゃった?!と思ってビックリしますが、白い抜け殻です。死ぬと体が赤くなります。死にそうに弱ってると体が赤っぽくなります。元気なミナミは黒〜茶、透明っぽい色です(環境で変化します)。



[AD] charm 楽天市場店



640x399 水生植物 オモダカ


他の植物で日陰を作る方法もあります。オモダカの葉っぱの下は葉っぱの呼吸でひんやり。専門的には光合成の蒸散作用と言うそうですが、植物で涼しくするのも一つの方法かなと思います。









おすすめコンテンツ

容器編 水上葉編
植物編 睡蓮編
メダカ編 金魚編
冬支度 リセット編



ベランダビオトープ 観察日誌

2011年 ビオトープ日誌 2012年 ビオトープ日誌 2013年 ビオトープ日誌 2014年 ビオトープ日誌
2015年 ビオトープ日誌 2016年 ビオトープ日誌 2017年 ビオトープ日誌 2018年 ビオトープ日誌



このブログの人気の投稿

ビオトープFAQ:ビオトープの水が濁って透明になりません。

ビオトープFAQ:水生植物はいつどこで買えるの? ホームセンターでも買えますか?

ビオトープFAQ:プラ舟や睡蓮鉢の底床に砂利や土を敷いたほうがいいですか?

初心者が日陰でも育てられる水生植物は?

フィルターやブクブクは必要ですか?

ビオトープFAQ:アオミドロ(水綿、青味泥) ビオトープのコケ対策を教えて!

ビオトープFAQ:いつの間にか睡蓮鉢に小さな貝がいました。取り除いたほうがいいですか?

ビオトープは北側の日当たりが悪い場所でもできますか?

ソーラー噴水や、水中撮影。楽しいビオトープグッズの紹介。

ビオトープFAQ:猫や鳥はメダカを襲って食べますか?