ランソウ(藍色細菌) ビオトープのコケ対策

ランソウ 藍藻 臭い ビオトープ コケ 対策 除去


🍀 とにかく発生してほしくないヤツ……ランソウ。

ランソウ(藍藻)は先カンブリア時代から生きてる真正細菌だそうです。一度発生するとしつこいです。どこからやって来るんでしょうか。なかなか出ない時もありますが、ほったらかしにしてるといつの間にか覆っていたりします。これも放置状態の生体のいないプランターに発生してました。


学 名:Cyanobacteria
英語名:Blue-Green Algae
中文名:藍菌門
日本名:ランソウ(藍藻) 藍色細菌



藍藻の除去に

[AD] charm 楽天市場店



ランソウ 藍藻 臭い ビオトープ コケ 対策 除去


うちの睡蓮鉢では、使用していた肥料(発酵油かす)が誤って土中から出てしまった時にものすごく増えました。富栄養化すると発生しやすいみたいです。上の写真は、底に敷いた赤玉土にベッタリと広がって、赤玉土を巻き込んでしまっている様子です。左下の植物の茎のところのように、膜が張る感じです。

ベランダの睡蓮鉢ではフィルターを使用しないので、魚が泳ぐことによる水の攪拌と、風に吹かれて水面が揺れる以外は止水状態なので、水の動きの少ない底面やトロ舟の角、鉢の陰などに発生しやすいです。


アオミドロとランソウの違いは、色と臭いで区別できます。

 アオミドロは黄緑〜明るめの緑
 ランソウは深緑〜暗い青緑

アオミドロはくさいニオイはありませんが、ランソウは独特の臭さです。水槽が少し生臭いというようなレベルではなく、クサッ!と顔をそむけたくなるニオイがするのですぐわかります。

少しくらい発生してもメダカには害はないと聞いたことがありますが、何より臭いし、見た目も悪いので取り除いたほうが良さそうです。


Is it?
by Smabs Sputzer


ビオトープにおけるランソウの対処法。藍藻の除去はどうやって?

  • 発生前なら、水の富栄養化を避ける
  • 少し発生したら、テデトール(手で取る)
  • 増えてきたら、テデトール(手で取る)を継続
  • もうダメだ〜となったら、完全リセット

植物も生体も維持しながらとなると、手で取るのが最も安全です。広範囲でない時はスポイトを使って吸い取る方がいいでしょう。手がつけられないほど増えてしまったら完全リセットが一番簡単です。

水の富栄養化を避けるといっても何をしたらよいのかわかりませんね。水中の養分を吸収してくれるホテイアオイなどの水草を入れておくだけでOKです。
睡蓮に追肥する時に土の中をむやみに掘り起こさないとか、きちんと埋めて蓋をするといった点も注意してください。

リセット時には、植物に絡みついたランソウは水で流しながら手で丁寧に取り除きます。私は基本的に薬剤は使用しませんが、気になる方は、さらに植物だけ隔離してオキシドールや木酢液などを使ってみても良いと思います。使用方法は他のサイトやブログを参考にしてください(丸投げ😂)。


栽培リストに戻る ▶︎ ビオトープの簡単おすすめ水生植物












おすすめコンテンツ

容器編 水上葉編
植物編 睡蓮編
メダカ編 金魚編
冬支度 リセット編



ベランダビオトープ 観察日誌

2011年 ビオトープ日誌 2012年 ビオトープ日誌 2013年 ビオトープ日誌 2014年 ビオトープ日誌
2015年 ビオトープ日誌 2016年 ビオトープ日誌 2017年 ビオトープ日誌 2018年 ビオトープ日誌
おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編