ビオ日誌 2016年10月まとめ あまりやる気のない室内水槽 😂

2016-1006-02

2016年10月06日

10月なのに30度越え……_:(´ཀ`」 ∠):_
東京は長い曇り空から、ようやく晴れ間が。ただ、我が家の睡蓮鉢は昼12時前後の1時間くらいしか日が当たらなくなってしまいました。ビルに遮られちゃうんですよね。

それでもけっこう青々としています。まだ水草も間引くくらいには増殖してます。太陽の光でクロメダカもキレイに撮れました。

来年はアマゾンチドメグサの水中葉をメインにする予定。長い間、ウォーターマッシュルームとアマゾンチドメグサ、どっちがいいんだろう〜と悩んでましたが、ここ2年くらい育ててみて、個人的には上見で可愛いアマゾンチドメグサに軍配が上がりました、来年はアマゾンチドメグサを重点的に増やしてみたいと思います。

2016-1006-01

マツモとアナカリスの勝負はまだついていません。😂 ツンツンした葉のマツモのほうがメダカは泳ぎにくそうな感じなので、メダカを中心に考えるならアナカリスのほうがいいのかもしれません。

2016-1006-03

スチール製のワイヤーラックには、やっぱり錆が。1シーズンしか持たないかな〜と予想はしていましたが、やはり錆が出てしまいました。睡蓮鉢の縁に掛けるために、かなり無理やり変形させたので、目に見えない程度のコーティングの裂け目があったのかもしれません。

2016-1006-04

ポットの下から根が伸びまくることを除けば、縁に掛けて育てるのはけっこう楽でした。プラでこういうのあればいいのにな〜。海外の人が使用しているのは見たことあります。

メダカが激減した後で確保できた稚魚さん3匹。小さな水槽ですくすく育ってます。ですが、今日撮った稚魚水槽の写真の中に、ボケてましたが何だかヒドラっぽい形のものが写ってました。ええええ、ヒドラだとしたらリセットしないといけないかも! 要観察ですね。ふう……

2016-1006-05

左:いつも底にいます。ランプアイのように青く光る目です。
中:人工餌に一番先に食いついた肌色さん。楊貴妃かな?
右:今のとこ、体が一番大きくて動きが激しいです。クロですね。

2016年10月14日

肌寒くなりました! 先日から稚魚を室内水槽に入れて育ててますが、晴れた日は水槽を窓辺に移動するため、まだヒーターは入れてません。ライトは去年と同じ、GEXの「クリアLED POWERⅢ 300」と、クリップライトです。横幅180mmの水槽を2つ並べてかろうじて乗っかる感じ。横幅36cmだと本当にギリギリです。フィルターも入れてませんが、今年のミニ水槽の水は特に問題がありません。

2016-1013-01

LEDライトって目に突き刺さりますね。まだLEDの光には慣れませんが、手軽なせいか蛍光灯ライトは全滅しそう。

2016-1013-02

LEDライトがめちゃくちゃ反射してますが、ドット模様っぽくて可愛いいのでそのまま撮りました。ちなみに青っぽくキラキラしてるのは、単にLEDの青いライトが反射してるだけだと思います。普通のクロメダカです。

2016-1013-03

いつも手持ち撮影なので、三脚を使えばもう少しブレが押さえられるのかもしれません。それ以上に、とにかく稚魚サンたちは動き回るので難しいです。限界を感じてます。シャッタースピード優先モード(Tv)を使うべき?

2016-1013-04

2016-1013-05

コナカイガラムシにやられたクレナタ ウォータークローバーは今こんな感じ。育っているのか育っていないのかよくわかりません。常温では成長が緩やかです。クレナタさんのためにはヒーターを早く入れたいんですけど。

2016-1013-06

屋外の睡蓮鉢。メダカが潜って出てこなくなったので餌やり中止。ほぼ放置するようになった睡蓮鉢です。今日は肌寒い上に曇り空でメダカも水面に出てきません。潜ってほとんど動かないので今日は餌はやりませんでした。こんな日がこれからはどんどん増えていくと思います。

2016-1014-01

2016-1014-02

楊貴妃っぽい肌色の稚魚も撮ってみました。クロは自分が食べるわけでもないのに、肌色を追い払います。この写真でも追い払おうとしています。アナカリスでも加えて互いに見えないようにしたほうがいいのかな。

2016-1014-03

2016年10月20日

10月も下旬なのに夏日です。我が家の睡蓮鉢は日の当たる面積と時間がかなり狭まってきました。一番日が差す時間でもこんな状態なので、浮草を掻き分けて底まで日光が届くようにしてみたり。特に意味もなく……。

1060x660 ビオトープ観察日誌

青々している……今のとこ全然枯れる気配がありません。

この気温ですからねー。ベランダだと、囲いのない屋外に置くのと比べて、あまり風が当たらないから水温が下がりにくいというのもあると思います。以前、メダカ鉢のフロッグビットは枯れたのに、金魚鉢のフロッグビットはなかなか枯れなかったということもありました。金魚のほうはメダカに比べて富栄養化してる鉢だったと思いますが、関係あるのかな?

1060x660 ビオトープ観察日誌

今日は餌やりアリ。パクパク食べてました。日光の当たる場所に餌でおびき寄せて写真を撮ってます。黒さんたち、綺麗です。楊貴妃さんも。といっても、うちの楊貴妃は交配で色が薄まってヒメダカとの中間くらいになりつつあります。

1060x660 ビオトープ観察日誌

最初の頃はビオトープの定義になるべく沿いたいという気持ちもあったので、自然なクロメダカから始めましたが、あまりにも色がさみしいので白やら楊貴妃に手を出してしまいました。

1060x660 ビオトープ観察日誌

クレナタ ウォータークローバーはランナーを伸ばしてるようです。が、葉が小さすぎて可愛らしさが半減してます。楊枝が山ほど刺さってる感じ。枯れかけていた水上葉はいつの間にか消えてましたが、これからどうなるんだろう。

1060x660 ビオトープ観察日誌

1匹の稚魚が他の稚魚を追いかけ回してましたが、アナカリスを入れたら収まりました。他の魚影の動きが気にならないくらいの目隠し効果ですね。

おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編

このブログの人気の投稿

ビオトープFAQ:ビオトープの水が濁って透明になりません。

ビオトープFAQ:水生植物はいつどこで買えるの? ホームセンターでも買えますか?

ビオトープFAQ:猫や鳥はメダカを襲って食べますか?イタズラは?

ビオトープFAQ:いつの間にか睡蓮鉢に小さな貝がいました。取り除いたほうがいいですか?

ビオトープFAQ:プラ舟や睡蓮鉢の底床に砂利や土を敷いたほうがいいですか?

ビオトープFAQ:ビオトープの藻対策・コケ対策「アオミドロ」あまり気にしない!

観葉植物やハーブ類も意外と水辺で使えます。ビオトープで使える植物

モザイク模様が美しい「ウォーターダイヤ」ビオトープの水生植物

ビオトープFAQ:ビオトープは北側の日当たりが悪い場所でもできますか?

水中に森を作ることが出来る「ロタラの仲間」ビオトープの水生植物