投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

【買いました】ゼンスイ「セセラン サークル 25」と「苗ポット」小さな水生植物に

イメージ
プランターに苗ポットはどれだけはいるのかな? こんにちは (๑′ᴗ‵๑) 現在、メインの睡蓮鉢にはゼンスイのセセランサークル50という軽量睡蓮鉢を使用しています。今回は、水上葉を育てるプランター用に小さめの25cmサイズも購入してみました。正確には25.5x×15.7で4リットルの容量です。50サイズと違って内側に出っ張りはありません。底面と質感は同じ作りです。 ギフト券のチャージでポイントが貯まる ゼンスイの簡易睡蓮鉢(セセランシリーズ)は今はすでに廃番。 丈夫で軽く、使い勝手のいい鉢でした。 3.5号ポット(10.5cm)なら3個、3号ポット(9cm)なら4個入ります。 2.5号ポット(7.5cm)なら、上げ底で7個はいります。ダイソーで売ってる猫よけシートの「どんとキャット」をカットしていれてます。正方形にカットした後で、四隅を少しずつ切って調整します。 木樽風プランター280ですが、上の画像でスノコの縦幅は108mmです。横幅はギリギリ270mmくらい。鉢を置く時の底面(平面)のサイズや、スノコからの高さってあまり載ってないんですよね。ミニサイズでやってる者としてはこの辺がけっこう重要だったりします。 [PR] charm 楽天市場店 プランターの水抜き栓について 睡蓮鉢として使う時は水を抜かないので、 内側から栓をします 。物理的に抜けないようにしてます。野菜なんかを作る時は排水するため外側から栓をします。

ビオ日誌 2016年10月まとめ あまりやる気のない室内水槽 😂

イメージ
2016年10月06日 10月なのに30度越え……_:(´ཀ`」 ∠):_ 東京は長い曇り空から、ようやく晴れ間が。ただ、我が家の睡蓮鉢は昼12時前後の1時間くらいしか日が当たらなくなってしまいました。ビルに遮られちゃうんですよね。 それでもけっこう青々としています。まだ水草も間引くくらいには増殖してます。太陽の光でクロメダカもキレイに撮れました。 来年はアマゾンチドメグサの水中葉をメインにする予定。長い間、ウォーターマッシュルームとアマゾンチドメグサ、どっちがいいんだろう〜と悩んでましたが、ここ2年くらい育ててみて、個人的には上見で可愛いアマゾンチドメグサに軍配が上がりました、来年はアマゾンチドメグサを重点的に増やしてみたいと思います。 マツモとアナカリスの勝負はまだついていません。😂 ツンツンした葉のマツモのほうがメダカは泳ぎにくそうな感じなので、メダカを中心に考えるならアナカリスのほうがいいのかもしれません。 スチール製のワイヤーラックには、やっぱり錆が。1シーズンしか持たないかな〜と予想はしていましたが、やはり錆が出てしまいました。睡蓮鉢の縁に掛けるために、かなり無理やり変形させたので、目に見えない程度のコーティングの裂け目があったのかもしれません。 ポットの下から根が伸びまくることを除けば、縁に掛けて育てるのはけっこう楽でした。プラでこういうのあればいいのにな〜。海外の人が使用しているのは見たことあります。 メダカが激減した後で確保できた稚魚さん3匹。小さな水槽ですくすく育ってます。ですが、今日撮った稚魚水槽の写真の中に、ボケてましたが何だかヒドラっぽい形のものが写ってました。ええええ、ヒドラだとしたらリセットしないといけないかも! 要観察ですね。ふう…… 左:いつも底にいます。ランプアイのように青く光る目です。 中:人工餌に一番先に食いついた肌色さん。楊貴妃かな? 右:今のとこ、体が一番大きくて動きが激しいです。クロですね。 2016年10月14日 肌寒くなりました! 先日から稚魚を室内水槽に入れて育ててますが、晴れた日は水槽を窓辺に移動するため、まだヒーターは入れてません。ライトは去年と同じ、GEXの「クリアLED POWERⅢ 300」と、クリップライトです。横幅
おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編