投稿

10月, 2016の投稿を表示しています

【買いました】ゼンスイ seselan セセラン サークル 25 +苗ポット

イメージ
🍀 プランターに苗ポットはどれだけはいるのかな? 🍀


現在、メインの睡蓮鉢にはゼンスイのセセランサークル50という軽量睡蓮鉢を使用しています。今回は、水上葉を育てるプランター用に小さめの25cmサイズも購入してみました。正確には25.5x×15.7で4リットルの容量です。50サイズと違って内側に出っ張りはありません。底面と質感は同じ作りです。









[AD] 大谷錦鯉店(楽天)



3.5号ポット(10.5cm)なら3個、3号ポット(9cm)なら4個入ります。






2.5号ポット(7.5cm)なら、上げ底で7個はいります。
ダイソーで売ってる猫よけシートの「どんとキャット」をカットしていれてます。正方形にカットした後で、四隅を少しずつ切って調整します。




木樽風プランター280ですが、上の画像でスノコの縦幅は108mmです。横幅はギリギリ270mmくらい。鉢を置く時の底面(平面)のサイズや、スノコからの高さってあまり載ってないんですよね。ミニサイズでやってる者としてはこの辺がけっこう重要だったりします。



ビオ日誌 10月20日 太陽の当たる面積が狭まってきました。

イメージ
🍀 ベランダビオトープ 観察日誌 2016年10月20日 (・ω・)ノ

10月も下旬なのに夏日です。我が家の睡蓮鉢は日の当たる面積と時間がかなり狭まってきました。一番日が差す時間でもこんな状態なので、浮草を掻き分けて底まで日光が届くようにしてみたり。特に意味もなく……。



七五三は11月15日ごろ(地域によって変わります)

[PR] 七五三のギフト(楽天)





青々している……今のとこ全然枯れる気配がありません。

この気温ですからねー。ベランダだと、囲いのない屋外に置くのと比べて、あまり風が当たらないから水温が下がりにくいというのもあると思います。

以前、メダカ鉢のフロッグビットは枯れたのに、金魚鉢のフロッグビットはなかなか枯れなかったということもありました。金魚のほうはメダカに比べて富栄養化してる鉢だったと思いますが、関係あるのかな?





今日は餌やりアリ。パクパク食べてました。

日光の当たる場所に餌でおびき寄せて写真を撮ってます。黒さんたち、綺麗です。楊貴妃さんも。といっても、うちの楊貴妃は交配で色が薄まってヒメダカとの中間くらいになりつつあります。





最初の頃はビオトープの定義になるべく沿いたいという気持ちもあったので、自然なクロメダカから始めましたが、あまりにも色がさみしいので白やら楊貴妃に手を出してしまいました。





クレナタ ウォータークローバーはランナーを伸ばしてるようです。

が、葉が小さすぎて可愛らしさが半減してます。楊枝が山ほど刺さってる感じ。枯れかけていた水上葉はいつの間にか消えてましたが、これからどうなるんだろう。
1匹の稚魚が他の稚魚を追いかけ回してましたが、アナカリスを入れたら収まりました。他の魚影の動きが気にならないくらいの目隠し効果ですね。



広告









おすすめコンテンツ






おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編