ビオ日誌 09月17日 メダカ激減!なぜ〜?!

1060x660 ビオトープ観察日誌


🍀 ベランダビオトープ 観察日誌 2016年09月17日 (・ω・)ノ

まだまだ暑いとはいえ、朝晩には秋の気配が感じられるほど涼しくなってきました。そして睡蓮鉢をよくよく覗いてみると、春先に40匹くらいはいたはずのメダカたちが、頑張って肉眼で数えて14匹くらいしか見えません。あれ〜〜〜?

増えすぎても育てられないからと採卵せずにいたのに、どうしよう! まあ、越冬後に考えます。上の写真の楊貴妃さんは食いしん坊で暴れん坊で、ちょっといじめっ子です。






1060x660 ビオトープ観察日誌


越冬水槽の準備と、来年の水草どうしよう……みたいな話。

コナカイガラムシにやられてたクレナタ ウォータークローバーは、水洗いの後、水中葉化すべくミニ水槽に入れました。根も張ってるし、小さな葉っぱが開いてるし、これで増えてくれるといいんですが。近いうちにヒーターも入れます。

去年もやった越冬に向けてのリストアップ
  • マツモ(屋外でそのまま)
  • アナカリス(屋外でそのまま)
  • ヒツジグサ(屋外でそのまま)
  • クレナタ ウォータークローバー(室内水槽へ)
  • ノチドメ(室内水槽へ)
  • アマゾンチドメグサ(室内水槽へ)
  • ウォーターマッシュルーム(終了)
  • ウィローモス(室内へ)
  • ヤエオモダカ(屋外でそのまま)
  • マツバイ(室内水槽へ)

ウォーターマッシュルームは今年限りにしようかと思います。ウォーターマッシュルームも可愛いことは可愛いのですが、もう十分堪能したからいいかなー。実は巨大化するので持て余し気味。ベランダはスペースとの戦い。


1060x660 ビオトープ観察日誌


毎年恒例のニュアール180、室内水槽の立ち上げです。

ニュアール180はミニ水槽好きの心をくすぐる可愛い曲げ水槽です。ビオトープは冬場は植物が枯れて、見た目もあまり楽しいとは言えないので、室内で眺めて楽しめる小型水槽を10月くらいまでに立ち上げるようにしています。一昨年と去年はキューバパールグラスの水中葉にミナミヌマエビの水槽でした。今年は、屋外で越冬も可能な水草ですが、ヘアーグラス(マツバイ)にしてみました。以前からの憧れで、草原になってくれると嬉しいんだけど。


1060x660 ビオトープ観察日誌


適当ちゃーん。



広告










おすすめコンテンツ

容器編 水上葉編
植物編 睡蓮編
メダカ編 金魚編
冬支度 リセット編



ベランダビオトープ 観察日誌

2011年 ビオトープ日誌 2012年 ビオトープ日誌 2013年 ビオトープ日誌 2014年 ビオトープ日誌
2015年 ビオトープ日誌 2016年 ビオトープ日誌 2017年 ビオトープ日誌 2018年 ビオトープ日誌



このブログの人気の投稿

ビオトープFAQ:ビオトープの水が濁って透明になりません。

ビオトープFAQ:水生植物はいつどこで買えるの? ホームセンターでも買えますか?

ビオトープFAQ:プラ舟や睡蓮鉢の底床に砂利や土を敷いたほうがいいですか?

ビオトープは北側の日当たりが悪い場所でもできますか?

フィルターやブクブクは必要ですか?

ビオトープFAQ:いつの間にか睡蓮鉢に小さな貝がいました。取り除いたほうがいいですか?

猫や鳥はメダカを襲って食べますか?

ソーラー噴水や、水中撮影。楽しいビオトープグッズの紹介。

アオミドロ(水綿、青味泥) ビオトープのコケ対策

初心者が日陰でも育てられる水生植物は?