ビオ日誌 2016年09月まとめ その後のコナカイガラムシ……😭

1060x660 ビオトープ観察日誌

2016年09月05日

一昨日、ベランダの掃除を頑張りすぎたせいか、昨日は疲れがドッと出て何もできず。そして、今日も暑かった〜。ベランダの片付けも残ってるけどまた後にします。眺めたり写真を撮ったりしてましたが、偶然メダカが輪になって踊ってるみたいな写真が撮れたので個人的にご満悦w

コナカイガラムシを水攻めにしてやりました。クレナタ ウォータークローバーにコナカイガラムシがわいてるのに気付いたのが先日。ミナミヌマエビがいるので薬は使いたくありません。水で洗い流すという方法でも駆除できると書いてあったので、ソイルからクレナタ ウォータークローバーを全部引っこ抜いて、バケツに汲んだ水に沈めて振り落とすように洗い続けました。水面に浮かぶいくつもの白い小さな物体……拡大した姿を思い出したくないですっ ><

1060x660 ビオトープ観察日誌

何度か水を換えて洗い続けたら、水面に白い粉(虫)が浮かばなくなってきたので、枯れた部分などをできるだけ取り除いて、小分けにしてからまた洗い、最終的に水中葉を目指して水槽に植えました。水中葉は小さな葉が這うように育つらしいですね。どうなるかな〜様子見です。

突然枯れたノチドメの原因。室外機の側はやっぱり注意。

室外機の側は過酷ですよね。(´_`)

知恵袋の回答によれば、室外機の風が直接あたる→葉からの水分蒸散量があがる→根からの水分吸収が間に合わない→水不足になって枯れる、ということらしいです。熱風のあたる場所を避けて置いてたのですが、エアコンを終日使用するようになって途端に枯れたから、空気の流れができていたんでしょうね。あとは、やはり小さな容器は直射日光で温められてお湯になっちゃうのが敗因かと……。残ってた茎と根を室内の水槽に入れました。今は小さな葉をつけ始めています。

1060x660 ビオトープ観察日誌

暑い夏は出かける気にもなれず、景色を撮れるような場所に行かなかったので、買ったまま使う機会のなかった広角レンズで撮ってみました。

小さなスペースならもちろん全景が撮れるのですが、ベランダ越しのお隣とか室外機とか、色々と写って欲しくないものもあるので、ぐっと近づいて限られた小さな空間を撮るのにも向いてるのかもしれません。

本来は広角レンズのほうが余計なものが入りやすいんだけど、余計なものが入り込まないくらいまで近寄って撮れば、オリヅルランの葉をたくさん画面に入れつつ水面も撮れるしいい感じ。

1060x660 ビオトープ観察日誌

オリヅルランは本当に水耕栽培できるのでしょうか?

おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編

このブログの人気の投稿

ビオトープFAQ:ビオトープの水が濁って透明になりません。

ビオトープFAQ:水生植物はいつどこで買えるの? ホームセンターでも買えますか?

ビオトープFAQ:猫や鳥はメダカを襲って食べますか?イタズラは?

ビオトープFAQ:いつの間にか睡蓮鉢に小さな貝がいました。取り除いたほうがいいですか?

ビオトープFAQ:プラ舟や睡蓮鉢の底床に砂利や土を敷いたほうがいいですか?

ビオトープFAQ:ビオトープの藻対策・コケ対策「アオミドロ」あまり気にしない!

観葉植物やハーブ類も意外と水辺で使えます。ビオトープで使える植物

モザイク模様が美しい「ウォーターダイヤ」ビオトープの水生植物

ビオトープFAQ:ビオトープは北側の日当たりが悪い場所でもできますか?

水中に森を作ることが出来る「ロタラの仲間」ビオトープの水生植物