ビオトープFAQ:睡蓮鉢や水槽の地震対策・水害対策は何ができますか?

sudo-pot


🍀 被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

3.11 東日本大震災の時に、東京で震度5強を経験しました。マンション中層階なので電子レンジが落ちるくらいの揺れでした。この時、ベランダのビオトープの容器にはプラ舟を使っていて、リセット前だったおかげで、水と浮草がこぼれただけで特に大きな被害はありませんでした。メダカやミナミヌマエビも寒さゆえか地震を察知してか底の方にいたみたいで、水はかなり激しく揺れてましたが、幸いなことに飛び出しもありませんでした。金魚も同様です。

当時、冬場に計画停電があり、熱帯魚水槽の方が対策のしようがなく心折れてアクアリウムをやめていくのを見ていました。私の地域は計画停電の対象にならず、なんとか維持できましたが、その後は縮小して、熱帯魚の加温水槽は完全にやめています。



広告




地震や水害での危険性

水槽が割れる、睡蓮鉢が割れる
水槽台ごと倒れたり、ライトなど上のものが落ちて水槽が割れたりします。飼育水が流れ出るのが一番の問題です。水槽が割れなくても、大きな横揺れで水と一緒に魚まで飛び出してしまうことも。また、熱帯魚水槽の周りは電気製品を多く使用しているので、水がコンセントにかかると感電の恐れも出てきます。片付けはブレーカーを落として作業してください。

大型台風では、物が飛んできて当たれば、陶器の睡蓮鉢などは割れることもありますし、軽くて小さい睡蓮鉢は風に煽られてひっくり返ることもあるかもしれません。被害だけでなく、睡蓮鉢周りのスダレや小物が飛んで行ったら危険ですし、誰かに迷惑を掛ける場合もありますね。また、災害ではありませんが、アライグマなどが睡蓮鉢をひっくり返すこともあるそうです。

停電や水没でヒーターや濾過装置が止まる
無加温のビオトープの場合は問題ないのですが、熱帯魚水槽などでは、ヒーターやクーラーまたはファンが停止して水温が維持できず全滅する恐れがあります。ヒーターは水位が下がって空気中にむき出しになると空焚き防止の安全装置が働き停止するものが増えています。長時間濾過装置が止まることで繊細な生体には問題が起きるかもしれません。

ゲリラ豪雨での流れ出し、急激な水温変化と水質変化
最近のゲリラ豪雨では雨量が半端なく、あっという間に睡蓮鉢の水が溢れてしまうことも。夏に雹か降ってくることがあるように、上空の気温が低いと冷たい雨が流れ込むことになります。急激な水温変化でもメダカや金魚は死んでしまいます



最初の2冊は無料で読めます😊

[AD] Amazon 防災用品




ビオトープの地震対策・水害対策は?

安定のいい容器にする
底の接地面積が広ければ広いほど安定します。少し深さがあって、水を目一杯入れてなければより安心ですね。滑り止めシートや固定ジェルみたいのを下に置くと更に良いかもしれません。プラ舟は底が広くて理想的ですが浅い物が多いです。少し深めなタイプで水を少なめにするのが横揺れでの水の飛び出しが少なくなると思います。

安定のいいプラ舟もメタルラック等に何段にも積み重ねていると、重心が上がって倒れやすくなります。強風にも煽られやすくなります。増やしたい→スペースがない→上に重ねるというのは理解できますが、足にブロックを履かせたり、ロープ等で絶対飛ばないような部分に固定しましょう。シートも意外と風をはらんで飛ばされやすくなります。駐輪場も飛ぶような台風ではどうしようもないと思いますが…。

割れない素材の容器にする
割れると水が漏れてしまいますし、割れた後の破片も危険です。落下物のありそうなところでは、できるだけ割れない素材の容器を選びましょう。

レイアウトはシンプルに
出来る限りかっこよく、癒される空間にしたくて、流木や石や盛り土などで素敵なビオを作りますが、大きな揺れだと崩れてしまうことも。だからといって味気ないレイアウトでは平常時には楽しくないですし、難しいところです。

水と一緒に流れ出ないようにする方法は
雨だけなら、雨よけをかぶせ、水が溢れないように工夫するだけでOKです。以前は縁にタオルをかけておくと言われてましたが、美観上あまり好まれませんてした(プラ舟が多い時は簡単で良い方法です)。

スドーやジェックスの発泡スチロールのメダカ飼育容器には最初から目立たない水抜き穴が付いています。穴を開けて網戸補修シールを貼るというアイディアも見かけました。針子は流れるかもしれませんが、少し成長した稚魚なら流されない網目で、いいアイディアです。シールですし。

[AD] スドー メダカの発泡鉢(Amazon)


[AD] ジェックス メダカ元気 快適・繁殖ケース(Amazon)




ベランダでは必ず避難経路を確保してください。

オシャレにこだわるあまり避難はしごのハッチを全くわからないように隠してしまったり、あるいはガラクタを置きまくってベランダ隔て板の前に物を山積みにしている方がいたりしますが、ベランダ大改造をしたご本人がいない時に火事がおきて、お隣さんが隔て板を突き破って避難はしごのハッチを探すなんていう場合もあるわけです。自分が使うことだけを考えるのではなく、いろいろな危険を想定してみると、避難経路はわかりやすくしておくべきですね。

実際問題として、足腰の弱ったお年寄りでは避難はしごを使うのは無理そうですし、これで命が助かるかっていうと疑問なところもありますが、避難経路を隠してると損害賠償なんかに関係してくるかもしれませんので、できるだけわかりやすく動きやすくしておきましょう。



広告










おすすめコンテンツ

容器編 水上葉編
植物編 睡蓮編
メダカ編 金魚編
冬支度 リセット編

このブログの人気の投稿

ビオトープFAQ:ビオトープの水が濁って透明になりません。

ビオトープFAQ:水生植物はいつどこで買えるの? ホームセンターでも買えますか?

ビオトープFAQ:プラ舟や睡蓮鉢の底床に砂利や土を敷いたほうがいいですか?

フィルターやブクブクは必要ですか?

ビオトープFAQ:いつの間にか睡蓮鉢に小さな貝がいました。取り除いたほうがいいですか?

ビオトープは北側の日当たりが悪い場所でもできますか?

ビオトープFAQ:アオミドロ(水綿、青味泥) ビオトープのコケ対策を教えて!

ビオトープFAQ:猫や鳥はメダカを襲って食べますか?

ソーラー噴水や、水中撮影。楽しいビオトープグッズの紹介。

初心者が日陰でも育てられる水生植物は?