ビオトープFAQ:地震対策は何ができますか?

sudo-pot


🍀 被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

3.11 東日本大震災の時に、東京で震度5強を経験しました。マンション中層階なので電子レンジが落ちるくらいの揺れでした。この時、ベランダのビオトープの容器にはプラ舟を使っていて、リセット前だったおかげで、水と浮草がこぼれただけで特に大きな被害はありませんでした。メダカやミナミヌマエビも寒さゆえか地震を察知してか底の方にいたみたいで、水はかなり激しく揺れてましたが、幸いなことに飛び出しもありませんでした。金魚も同様です。







ビオトープの地震対策は?

安定のいい容器にする
底の接地面が大きければ大きいほど安定します。少し深さがあって、水を目一杯入れてなければより安心ですね。滑り止めシートや固定ジェルみたいのを下に置くと更に良いかもしれません。

割れない素材の容器にする
割れると水が漏れてしまいますし、割れた後の破片も危険です。落下物のありそうなところでは割れない素材の容器を選びましょう。

レイアウトはシンプルに
出来る限りかっこよく、癒される空間にしたくて、流木や石や盛り土などで素敵なビオを作りますが、大きな揺れだと崩れる可能性も。だからといって味気ないレイアウトでは平常時には楽しくないですし、難しいところです。


ベランダでは必ず避難経路を確保してください。

オシャレにこだわるあまり避難はしごのハッチを全くわからないように隠してしまったり、あるいはガラクタを置きまくってベランダ隔て板の前に物を山積みにしている方がいたりしますが、ベランダ大改造をしたご本人がいない時に火事がおきて、お隣さんが隔て板を突き破って避難はしごのハッチを探すなんていう場合もあるわけです。自分が使うことだけを考えるのではなく、いろいろな危険を想定してみると、避難経路はわかりやすくしておくべきですね。

実際問題として、足腰の弱ったお年寄りでは避難はしごを使うのは無理そうですし、これで命が助かるかっていうと疑問なところもありますが、避難経路を隠してると損害賠償なんかに関係してくるかもしれませんので、できるだけわかりやすく動きやすくしておきましょう。

メダカの品種をたくさん育てたいからといって、狭いベランダにいくつもいくつもプラ容器を置きまくるのは良くないですね。気持ちはわかりますけどね。😂



広告










おすすめコンテンツ

容器編 水上葉編
植物編 睡蓮編
メダカ編 金魚編
冬支度 リセット編

このブログの人気の投稿

ビオトープFAQ:ビオトープの水が濁って透明になりません。

ビオトープFAQ:水生植物はいつどこで買えるの? ホームセンターでも買えますか?

ビオトープFAQ:プラ舟や睡蓮鉢の底床に砂利や土を敷いたほうがいいですか?

フィルターやブクブクは必要ですか?

ビオトープは北側の日当たりが悪い場所でもできますか?

ビオトープFAQ:いつの間にか睡蓮鉢に小さな貝がいました。取り除いたほうがいいですか?

猫や鳥はメダカを襲って食べますか?

ソーラー噴水や、水中撮影。楽しいビオトープグッズの紹介。

アオミドロ(水綿、青味泥) ビオトープのコケ対策

初心者が日陰でも育てられる水生植物は?