ビオ日誌 2016年02月まとめ 水草が青々して元気なので早めのリセット

640 ビオトープ観察日誌

02月15日、縁かけ用バスケットを用意しました。

春の陽気だったので、花粉メガネとマスクをしながらリセット作業を開始しました。睡蓮鉢の壁面についた緑の藻がなかなか落ちません。乾くと目立つカルシウムの白い汚れも付いてます。汚れが落ちやすい素材ではないので、ある程度の汚れは諦めてそのままです。

淵にかけられるプラ製のバスケットがほしかったのですが、最適なものが見つからず、とりあえず100均のカゴで代用してみます。睡蓮鉢の縁に掛けるため力技で曲げてみました。金属(多分ステンレス?)を水に入れるのちょっと心配だったのでビニールでコーティングしてあるものにしました。陶器製で安心なスドー「小さな縁掛式ポット」という製品があります。

 

02月17日、日を跨いだリセット作業、水草を睡蓮鉢に戻して終了。

今年は暖冬のせいか意外と青々したまま越冬しています。一応、リセット作業はこれで終わり。

1080 Container Water Garden 20160217

アマゾン フロッグビット(ドワーフ)、東京では越冬可能です。枯れた部分も少なめですね。でも気を抜くと2月から3月にかけて寒さで溶かしてしまうことがあったりします。4月くらいの陽気までは注意深く見守りたいです。

1080 Container Water Garden 20160217

可憐な小さな田字草、クレナタウォータークローバー購入しました。なんかヒョロヒョロで枯れそう。小さい四つ葉のクローバーみたいでとても可愛かったので育ててみたくて購入したのですが、写真と違って斑入りじゃありませんでした(後でわかるけどうっすら斑入り)。

1060x660 ビオトープ観察日誌

02月19日、ヒツジグサの植え替えも完了。

ヒツジグサの植え替え完了。去年生まれた子メダカたちも合流。メダカたち何匹いるのかな〜。

1080 Container Water Garden 20160219

まだまだ寒いけど春はもうすぐです。

1080 Container Water Garden 20160219

 

 

おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編

このブログの人気の投稿

ビオトープFAQ:ビオトープの水が濁って透明になりません。

ビオトープFAQ:猫や鳥はメダカを襲って食べますか?イタズラは?

ビオトープFAQ:水生植物はいつどこで買えるの? ホームセンターでも買えますか?

ビオトープFAQ:いつの間にか睡蓮鉢に小さな貝がいました。取り除いたほうがいいですか?

ビオトープFAQ:プラ舟や睡蓮鉢の底床に砂利や土を敷いたほうがいいですか?

ビオトープFAQ:ビオトープの藻対策・コケ対策「アオミドロ」あまり気にしない!

観葉植物やハーブ類も意外と水辺で使えます。ビオトープで使える植物

モザイク模様が美しい「ウォーターダイヤ」ビオトープの水生植物

ビオトープFAQ:ビオトープは北側の日当たりが悪い場所でもできますか?

水中に森を作ることが出来る「ロタラの仲間」ビオトープの水生植物