ベランダビオトープ 観察日誌 8月 猛暑日で泣きそう…😭

未草 ヒツジグサ つぼみ ビオトープ 睡蓮鉢


🍀 ベランダビオトープ 観察日誌 2015年8月まとめ (・ω・)ノ

梅雨明けから恐ろしい暑さが続いています。先日、エビが睡蓮の葉の上に居たのを目撃して、同じようなことがあったのいつだっけ、と画像を見たら2010年の猛暑の年でした。ああ、今年は2010年並みの暑さかも……と思ってから既に一週間経過。連続猛暑日熱帯夜が続いています。



ヒツジグサ(左)と温帯睡蓮

[AD] charm 楽天市場店



ビオトープ 猛暑 暑さ対策 保冷剤


連日の猛暑日(35℃以上)で、25cmの睡蓮鉢が茹で上がる〜〜!

関東では、冬の寒さより夏の水温上昇の方が心配です。内陸の暑くなる地域で育ててる方が40度でも平気!みたいなことを言ってるのも目にしますが、それ強靭なメダカしか生き残ってないから暑さに堪えられるんじゃ……? それに、メダカより暑さに弱いミナミヌマエビが心配。ペットボトルの水を凍らせて網の上に置いてみたけど……。


ビオトープ 猛暑 暑さ対策 保冷剤


3日後、保冷剤に気休めのバージョンアップ!

日向の小さな鉢は、手を入れると温いお湯になってます。すだれで日陰を作ってますが猛暑日続きで気温が高いので、水温=ほぼ気温。毎日打ち水してます。
50cmの睡蓮鉢はまだマシですが、保冷剤すら溶けるの早っ!


未草 ヒツジグサ ビオトープ 花 開花


今までになくヒツジグサの花がよく咲いてくれました。

7月は花が咲かず、8月の11日になってようやく再びヒツジグサのつぼみが上がってきました。13日、19日、28日、31日と4回咲きました。ひとつ咲いて、それが枯れると、またつぼみが上がってきて、ひとつ咲くという感じ。ヒツジグサの花は、萼片4枚(緑っぽい)に花弁8枚〜15枚です。

しかし、後で見返してみたら、あまりきれいに花が撮れていません。花弁が多少いじけてるせいもあります。並べてみると、やはり初日に撮った花のほうが雄しべが開いていてきれいですね。夜になって花が閉じると雄しべも丸まって、あとは開かなくなります。雄しべが丸くなっているのは開花2日目以降の写真です。



広告










おすすめコンテンツ

容器編 水上葉編
植物編 睡蓮編
メダカ編 金魚編
冬支度 リセット編



ベランダビオトープ 観察日誌

2011年 ビオトープ日誌 2012年 ビオトープ日誌 2013年 ビオトープ日誌 2014年 ビオトープ日誌
2015年 ビオトープ日誌 2016年 ビオトープ日誌 2017年 ビオトープ日誌 2018年 ビオトープ日誌



おすすめ記事
容器編 水上葉編 植物編 睡蓮編 メダカ編 金魚編 冬支度 リセット編