ベランダビオトープ 観察日誌 04月 越冬後の植物の様子。

沢瀉 オモダカ ムカゴ クワイ ビオトープ 越冬


🍀 ベランダビオトープ 観察日誌 2014年04月まとめ (・ω・)ノ 🍀

4月も下旬、結局リセットはGWあたりになってしまうんですよね。
今日やっとアオミドロを取ったり、オモダカの鉢をひっくり返してムカゴを取り出したりしました。今年のムカゴは多めでした。ムカゴの大きい種類と小さい種類があるのかな。最初に育てたヤエオモダカは比較的大きい丸々したムカゴができましたが、今のヤエオモダカは全体的に小ぶりな気がします。

マツモもギリギリ生きてました。メダカはあれだけいたにも関わらず、数匹しか見当たりません(?)。エビも。さすがに隠れてるだけで、数匹ってことはないと思うんですが。




[AD] めだか屋 紀の川(楽天)



アナカリス マツモ ビオトープ 越冬 春

アナカリス フロッグビット ビオトープ 越冬 春


越冬後のこんな状態から水生植物を復活させていきます。

冬越しした水草たち。
復活させる、といっても私は何もせず自然にお任せです。よほどの悪条件じゃないかぎり、これからは何もしなくても増えるのが普通。アシスト程度にアオミドロやスネールを取ったりはしますが、太陽の力って偉大。


未草 ヒツジグサ 植え替え ビオトープ 越冬


ヒツジグサの根茎の末端がクリンと反ってて気になりますが。😂

ヒツジグサの植え替えです。残ったのは3株。その中から一番大きいもの(写真の)を植え替えようと思います。ヒツジグサについては、別の記事に詳しく過程をまとめて載せたいと思います。

今年は色のキレイなメダカを飼いたいな。ヒメダカと楊貴妃ってどのくらい色がちがうのかなー。楊貴妃を見て、金魚でいいじゃんと言ってる方がいましたが、飼育スペースが限られてる我が家のような場合は「大きくならない」というのは一番の魅力だったりします。琉金があのままの大きさなら飼いたいんだけど。



広告










おすすめコンテンツ

容器編 水上葉編
植物編 睡蓮編
メダカ編 金魚編
冬支度 リセット編



ベランダビオトープ 観察日誌

2011年 ビオトープ日誌 2012年 ビオトープ日誌 2013年 ビオトープ日誌 2014年 ビオトープ日誌
2015年 ビオトープ日誌 2016年 ビオトープ日誌 2017年 ビオトープ日誌 2018年 ビオトープ日誌



このブログの人気の投稿

ビオトープFAQ:ビオトープの水が濁って透明になりません。

ビオトープFAQ:水生植物はいつどこで買えるの? ホームセンターでも買えますか?

初心者が日陰でも育てられる水生植物は?

ビオトープは北側の日当たりが悪い場所でもできますか?

ソーラー噴水(アクア用品 買いました)

ビオトープFAQ:プラ舟や睡蓮鉢の底床に砂利や土を敷いたほうがいいですか?

フィルターやブクブクは必要ですか?

知らない間に小さな貝がいました。取り除いたほうがいいですか?

アオミドロ(水綿、青味泥) ビオトープのコケ対策

猫や鳥はメダカを襲って食べますか?